アメリカでDefiで投資するのに必要なWalletとは?

前回の記事で暗号通貨への投資の話をしましたが、投資の一つとしてDefiで通貨を増やすことをやっています。

DefiはBSCというブロックチェーン上の取引所でやっているので、必要となるコインはBSC上に移す必要があります。

これは、アメリカで暗号通貨に投資している際、Binance.comが使えないことによる弊害ですが、手間ですが方法はあります。

もしBinance.comが使えれば、例えば、USDCのコインをPancakeSwapにBSCで移し、必要なコインにSwapさせるという方法をとります。

ですが、アメリカ在住者は使えないので、(Binance.usにはBSCのブロックチェーンが使えません)、

1.まずCoinbaseからBinance.usにコインを移動する。例えば、Litecoinを移動させます。(Transferの手数料がBitcoinやETHなどより安いので扱いやすい)

続きを読む

CryptoCurrency(暗号資産)に投資する!

以前アメリカ人の投資について記事を書きましたが、今ビットコインが最高値を更新しているような状況で、ビットコインのような暗号資産への投資も人気が出ています。

平均的アメリカ人が行う投資の種類は?

私も最近ですが、ビットコインなどの暗号資産へ投資を始めました。

暗号資産はデジタルゴールドなどと言われ、複数の番号やアルファベットからなるアドレス(パブリックキー)で識別されるデジタルに保管されるものです。

さらに、暗号資産(仮想通貨)の所有者であることを証明する機密データであるプライベートキーもあります。

暗号資産は、ブロックチェーンという分散されたネットワーク上でトランザクションが記録されていて不正な改ざんができにくくなっています。

暗号資産への投資は大まかに、

1.暗号資産の値上がりを期待し購入しキャピタルゲインを得る

2.暗号資産をDefiなどの分散型取引所でコインを稼ぐ

があります。

1.暗号資産の値上がりを期待し購入しキャピタルゲインを得る

これは、まず暗号資産へ投資したことのない人がまず始めることだと思います。

Coinbaseなどの取引所でアカウントを開いて、銀行口座から現金を入れ、お目当てのコインを購入するという流れです。

続きを読む

Googleの採用で最重要視される「知的謙遜」とは?

ウォータールー大学から出た論文「どうすれば賢者のような行動が取れるか?」(ソース) によると、

賢者レベルをチェックするのに、3ポイントを採点の基準に使っています。

    1. 知的謙遜:自分の知識の限界を理解し、世の中の不確実性を知り、自己の偏見やバイアスに敏感な状態
    2. 自己超越:自分中心ではなく、引いたところから物事を考えられること
    3. 視点の統合:他者の視点からさまざま視点をまとめて考えられること

知的謙遜」は自分の知識の限界レベルをちゃんと把握した状態のことで、要は「無知の知」ということです。

Googleの人事担当は、「知的謙遜があるかないか」を採用の基準にしてるそうです(ソース)。「ワーク・ルールズ!」のラズロ・ボックによれば、

”(Googleの採用で重要視するのは)謙遜心と責任感だ。(中略)

謙遜とは他人の良いアイデアを受け入れられる状態を指すだけでなく、「知的謙遜」でなければならない。知的謙遜がなければ、人間は学ぶことができなくなってしまうからだ。”

とのことです。

続きを読む

新年の目標達成ための心理学的10のポイント

2021年が来ましたね。

イギリスの有名な心理学者リチャード・ワイズマンが、「その科学が成功を決める」のなかで、「新年に立てた目標を達成する心理学的に正しい方法」を10個のポイントにまとめているので参考になります。

1.目標は1つにしぼる

あれもこれもと欲張るとエネルギーが分散するので、変えたい行動は一個だけにしぼった方が成功率は格段に上がる。

これは様々な方向に目標を立てると、それぞれを達成するのに、大変な力がいし、大きな目標は一つに絞るのが良いということですね。

2. 自分が本当に何をしたいのかを2〜3日は考える

新年の目標に失敗した人の大半は、新年の前日になって慌てて来年の目標を立てる傾向にあります。

最低でも数日はかけて自分が本気で達成したいことを考えないと、まず目標は失敗に終わる。

なんとなく新年だから、ダイエットしようとか、エクササイズを増やそうとか安易に設定してしまうと失敗しやすいということですね。

続きを読む