臆病な人が勇気がわく飲み物とは何?

臆病な人でも勇気が出る飲み物は酸味のあるもの!」という興味深い実験(ソース)が2018年に出ています。

これはサセックス大学の実験で、まずは168人の男女に5種類のドリンクを飲んでもらいました。

  1. 酸っぱい
  2. 塩からい
  3. 甘い
  4. 苦い
  5. うまみがある

そのうえで、コンピューターのギャンブルゲームをやってもらったそうです。 ルールは、

  1. 画面上に架空の風船が表示され、クリックするとふくらむ
  2. 風船がふくらむごとにお金をもらえるが、風船が破裂したらお金はゼロになる

となっています。


簡単なギャンブルを使って、リスクの取り方に変化が出たかを調べたわけですね。

結論は、

  • 酸味のあるのを飲んだグループは、甘いドリンクを飲んだグループにくらべて39%もクリックの回数が増えた
  • 甘いものと旨味を飲んだグループは、逆にクリックの回数が減った
  • 苦味と塩気には行動の変化が現れなかった

だったとのことです。酸味は人を大胆にさせて、甘みは人を慎重にさせるわけですね。

その結果はギャンブルの結果にも影響していて、

  • 酸味グループがもっとも大金をゲットした(もちろん風船が破裂した回数も多いけど)
  • 甘みグループは報酬額が低くなった

となっています。

失敗を恐れずリスクを取ったグループのほうが最終的な結果もよかったわけです。

研究者によれば、

”リスクのある行動は、個人によって意味合いが異なる。

人によっては3万フィート上空の飛行機から飛び降りることかもしれないし、また別の人にとっては単純にいまの家を捨てることかもしれない。”

” なかにはリスクに対してネガティブな印象を受ける人もいるかもしれないが、実際はそんなことはない。リスクを取ることは、幸福な人生に導く基本的な行動のひとつだ。”

とのことです。

もちろん「適切なリスク」を選ぶ目は必要になるけれど、すべて尻込みしてしまうのはよくないからですね。

” 酸っぱい味覚は、決して私たちに向こう見ずな行動を取らせるわけではない。

それどころか、ほどよくリスクを取る態度をうながし、リスク回避の傾向が強い人に新たなチャンスをあたえる効果も持つらしい。”

” 一般的に、うつや不安、ストレス性の病気にかかった人たちは、リスクを避ける傾向が高いことが知られている。もしかしたら、彼らはレモンオイルなどでメリットを得られるかもしれない。”

” 酸味は望ましい行動を強化してくれる。過度の危険や臆病な態度になることなく、リスクが嫌いな人に新たなチャンスや自己改善の可能性を広げてくれるだろう ”

不安傾向が強く、リスク回避傾向が強い人は、大事な交渉の前とかに酸っぱいものを飲んでおくといいかもしれませんね。

ちなみに、この実験ではクエン酸を混ぜた水を使ったとのことですが、まあレモン水でもよさそうです。

運動と食事どちらが頭よくなるの?

頭が良くなるには食事と運動が必須なのは間違いないと思います。

頭を良くする物質BDNFの量を増やすためにどんな運動が必要なの?

食事と運動は、体力をあげてくれるだけでなく、脳の働きも改善することがわかっています。

脳の機能を劣化させるホモシステインとは?

2018年に食事と運動をちゃんと組み合わせて実践したらどうなるのか?という問題を調べたデータ(ソース)が出ていて、面白いです。

これはデューク大学の実験で、まず55歳以上の男女160人を4つのグループにわけています。

  1. エクササイズの量だけ増やす
  2. 特別な食事法を続ける
  3. エクササイズと特別な食事法をまとめてやる
  4. なんもしない

実験期間は6カ月で、具体的には以下のような運動法と食事法が採用されています。まずはエクササイズは、

脳を強くするためのエクササイズ

    • ウォームアップとして軽くストレッチを10分
    • ちょい速めのウォーキング、またはエアロバイクを35分
    • 運動の強度は呼び心拍数の70〜85%を目指す(目標心拍数=運動強度×(最大心拍数-安静時心拍数)+安静時心拍数)
    • 筋トレはとくにしない

という感じで、とくにつらいという運動でもないです。

こんなに軽くていいの?と思われるかもですが、過去のデータでもこれぐらいで脳機能の向上は確認されているので、妥当なラインと言えます。

で、食事法のほうは、「MINDダイエット」に近いです。

メンタルが11%改善するMINDダイエットとは?

これは脳神経の変性を食い止めるために開発された食事法で、過去のメタ分析でも脳に効くことが確認されています。

そのうえで、この実験では脳の実行機能の変化を見ています。実行機能は高次の思考力にかかわる能力で、

ワーキングメモリ

集中力のコントロール

問題解決スキル

といった要素で構成されてます。シンプルに頭の良さを測ったと考えていいですね。

では、半年後にどんな変化が出たかと言うと、それぞれの実行機能スコアはこんな感じになりました。

  • なにもしないグループ=35点
  • 運動だけグループ=42点
  • 食事改善だけグループ=43点
  • 運動+食事グループ=46点

ということで予想どおり運動&食事グループが勝利してます。

運動と食事のどちらかだけ改善した場合は、とくに差がなく、

運動&食事は最強だけど、思ったよりずば抜けてるわけじゃない。

という感じですかね。

もちろん、改善できるとこはすべて改善したほうがいいのは確実ではありますが、「運動が嫌い」という人はとりあえず食事だけやってもいいし、逆もまたしかりって印象です。

いずれにせよ、食事だろうが運動だろうが、どちらも6カ月ほどちゃんと続ければ頭が良くなるので、特に食事や運動に気を使ってない人は、特に

  • 1日45分の軽い有酸素運動
  • MINDダイエット

のいずれかあるいは両方を試してみるのもいいかと思います。

傷の治療によく効くアイテムはどれ?

傷の治療に効くアイテムとは?という問題を調べたメタ分析(ソース)があり、どの傷治療が効くかが分かります。

バンドエイドとか軟膏など傷治療アイテムがありますが、よく効くのはどれか?ってことですね。

といっても、この研究にはバンドエイドや軟膏は入っておらず、調査したアイテムは、

などになっています。

オニオンエキスは、肌再生を助けてくれるようです。

で、ここでは34の無作為化比較試験やら準無作為化比較試験がふくまれていて、結論としては以下のような感じです。

もっとも調査が進んでるのはシリコンジェル系で、新しい傷跡の形成と既存の傷跡の縮小にプラスの効果がある

その他のアイテムについては証拠不足でよくわからない

ということになっていて、傷治療にはシリコンジェル系がいいようですね。

普段のちょっとした傷にはハイドロコロイドあたりがよさそうですが、シリコンジェル系も試してもいいかもしれませんね。

痩せたいならNEATを増やそう!

運動だけでは痩せないとよく言われています。

有酸素運動にせよ筋トレにせよ、なにせ消費カロリーが少ないので、「エクササイズさえすれば大丈夫」ということにはならないということです。

実際、アメリカの健康調査(ソース)によると、現代人は50年前よりもエクササイズの量が増えてるみたいです。けれど肥満も増えていますよね。

ここで大事なポイントがNEAT(ニート)の考え方です。

もちろん仕事をしてない人を指すニート(NEET)ではなく、非運動性活動熱産生(Non-Exercise Activity Thermogenesis)の頭文字です。

要は普通に暮らしてて消費されるカロリーという意味になります。

ジムでバーベルを上げたり、トレッドミルで走ったり、エアロビのクラスなどで使われるエネルギーではなく、あくまで掃除、洗濯、買い物など普段の生活で消費するカロリーを指しています。

とにかく日中の活動全般を含む考え方なので、散歩したり、犬と遊んだり、キーボードを打つ際の消費カロリーもふくまれています。

つまりは「もっと日常的に体を動かそう!」という当たり前のことなのですが、そのインパクトは想像以上に大きいようです。

NEATのエキスパートであるジェームズ・レビン博士によれば、

” 現代人の肥満と健康状態の悪化は、インターネットを中心とした現代生活が、私たちから少しずつNEATを奪ったのが原因である。

この損失は、1日に1500〜2000kcalのレベルにまで達している。”

とのことです(ソース)。

どうやら日常のNEATが多い人は、運動をしなくても基礎代謝はのぞいて最大で2000Kcalも消費してるらしいです。

現代人の平均消費カロリーは、ジムで1時間ぐらいエクササイズをしてる人でも平均で1300〜1500kcalぐらいなので、これがいかに大きい数字かがわかります。

さらにレビン博士いわく、

” 私は人間の活動や肥満を20年にわたって研究してきた。

その結果として言えるのは、現代人の暮らしとダイエットの考え方が根本的に間違っているということだ。

50年前にジムなどなく、当時の人々はめったにエクササイズをしなかった。

それでも肥満に悩む人のほうが珍しい状態だった。かつての人々は、意識せずに体を動かすことで、努力せずに体重をコントロールしていたからである。”

ということです。

当然ながら、狩猟採集民だってエクササイズなどしないわけですから、「運動をしなくては」とかあせる前に、いかに日常の活動量を増やすかを考えた方がよいということですね。

詳細は、レビン博士の「Move a Little, Lose a Lot(少し動いていっぱい痩せる)」を読むのがおすすめですが、簡単なNEAT対策としては、

  • 可能なかぎり座る時間を減らす
  • できればスタンディングデスクを使う
  • さらにできればトレッドミルデスクを使う
  • どうしてもスタンディングデスクが使えなければ、デスクの下で使えるステッパーを使う

といった点が基本になるかと思います。