発酵食品は体にも心にもいい!

ヨーグルトはもちろん、日本の漬物や、キムチ、ザワークラフトなど人が昔から食べている発酵食品って、体だけじゃなくて、メンタルにもとても良いようです。

発酵食品のメリットは以下の5つがあげられます。

1.消化によい。

2.免疫力を上げてくれる。

3.焦燥感や鬱の解消

4.ダイエットに効く

5.心臓によい。

発酵食品とは?

発酵はイースト菌やバクテリアなど微生物がデンプンや砂糖などの炭水化物をアルコールや酸に変化させる自然なプロセスのことです。

この変化させたアルコールや酸は自然な添加物として風味や酸味を発酵食品に付け加える役目を果たします。

発酵は有益なバクテリアと言われるプロバイオティクスを増やしてくれます。

1.消化によい。

発酵する過程で生成されたプロバイオティクス(有益な菌)は腸内のいいバクテリアのバランスを整えてくれて、消化を助けてくれます (ソース)。

過敏性腸症候群や、消化がうまく行かない症状を緩和してくれます。(ソース

274人の大人に対して6週間行った実験では、125グラムのヨーグルトのような発酵した牛乳を飲んでもらったところ、過敏性腸症候群が良くなったという結果がでてます。
ソース

発酵食品はひどい下痢や、お腹のはり、ガス、便秘なども軽くしてくれます。
ソース1
ソース2

続きを読む

アスピリンって怒りっぽい人に効くらしい。

頭痛薬や解熱剤としてしか思いつかない、アスピリン(同様の効果が得られる、胃にやさしいイブプロフェン)ですが、研究段階とは言うものの怒りっぽいひと、短気な人に効果ありという結果があります。

他にどんな効用あるのでしょうか?

1.怒りっぽい、短気に効く。

2.心臓発作や心筋梗塞に良い。

3.アンチエイジング

1.怒りっぽい、短気に効く。

アスピリンやイブプロフェンは炎症を抑える薬です。JAMA Medicineの研究によると、

70人のintermittent explosive disorder (間欠性爆発性障害)と診断された人達を調べたところ、体内に炎症がありその炎症と攻撃的な行動に関連性があることが分かったそうです。

そしてその炎症を抑える効果のあるアスピリンが怒りっぽさやイライラを抑えるのではないかと考えられています。

体内の炎症が怒りっぽさ、短気を引き起こしている場合、アスピリンは効果があるということですね。

アスピリンはイライラや怒りっぽさを起こさせるのに対応する生理活性物質、プロスタグランジンを生成するのに関係していてます。 続きを読む

時間がないって本当?時間汚染から抜け出そう。

いつも時間に追われている感覚ってありますよね。今私は朝にブログを書いていますが、その後ジムに行きたいのでブログの構成くらいは終わらせねばと焦ります。

ジムの後は愛犬の散歩と必要ならスーパーでの買い物があります。1時までに帰宅してお昼を食べ午後からブログが終わってないと続きをし、その後はCAPM(Certified Associate Project Management)の勉強をします。

そうこうすると、夕方になってしまうので夕飯の準備、夕飯。

それからやっとプログラミングの勉強に取り掛かれるのですが、夜は集中力が落ちてしまいあまり進んでないですね。

夜に翌日書くブログのことも考えるので、ますます注意力散漫になります。

ここで問題なのは、プログラミングの勉強、ブログ作成、そして就職活動、あとCAPMの勉強と目標が一つではないので、一つのことをやってる時他が気になってしまうことがあります。

例えばブログ書いててもジムへ行く時間が気になるとかです。

やることが多い人ほど実は生産性が低く、みんな自分が思うよりも自由な時間を持っているはずです。

だけど、「忙しい」「時間がない」と感じてしまう理由はどこにあるのでしょうか。本当はもっと自由な時間があるはずなのに、なぜ、余裕がなくなるのでしょう?

どうやら、私が感じてる時間不足は「錯覚」のようです。

本当はやりたいことをやるだけの時間があるし、実際には毎日の作業をこなすだけの能力を持っている(筈)なのに、まるで物理的な時間が足りていなように感じてるだけなのかもしれません。

時間の感覚が狂っている、おそらく時間汚染されているのでしょう。 続きを読む