有害物質を吸って空気清浄するNASAおすすめの観葉食物10選

観葉植物や家庭菜園は心と体に良いという記事は以前書いてきました。

引きこもりのためのバイオフィリア対策

  • 良いアイデアが浮かびやすくなる
  • 疲労・頭痛・肌の乾燥が改善する
  • 病気にかかる確率が減る
  • メンタルヘルスが改善する

などのメリットがあります。参考になるのが、1989年にNASAが行った「クリーンエア研究」(ソース)です。一部の観葉植物には、ベンゼンやホルムアルデヒドという有機化合物を吸い込む働きがあって、とくに「どの植物の清浄効果がすごいのか?」ということを調べた実験です。

で、NASAが選んだ、お部屋の空気を綺麗にしてくれる植物は以下のとおりです。中にはお花も含まれています。

1.スパティフィラム -Peace lily

耐陰性のある植物で、ベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸収してくれます。水分を好むので、土が乾いたら水をあげると良いです。アメリカではよくスーパーでも売られている一般的な植物です。シュウ酸カルシウムが含まれているので猫や小さい子どもがいると、注意が必要です。

2.ポトス

ホルムアルデヒドを吸い込む効果が認められています。詳しくない人でも知っているとてもポピュラーな植物で、色があざやかなレモンライム色や斑の入った葉もあるのでインテリア的にもおすすめです。そして、水やりも乾いたらあげるというとても簡単です。

3.イングリッシュ アイビー

ホルムアルデヒドを取り除くのに有効で、直射光でも日陰でも普通に育ちます。ただ乾燥しすぎると、害虫がでるのと、毒性があるのでペットや小さな子供には要注意です。

4.菊

これは、鉢植えでもよく売られている誰もが知ってる花ですね。ベンゼンとホルムアルデヒドを取り除いてくれます。

5.ガーベラ

切り花としてたまに買います。これは、ベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸収してくれます。

6.サンセベリア -Snake plant

夏の暑い時期をのぞいたら、ほぼ水やりしなくても元気にしているメインテナンスがかからない植物です。夜も酸素を作ってくれるし、ホルムアルデヒドをを取り除いてくれるすぐれた植物です。種類も多く、できるだけ大きめなものを寝室に置くのがおすすめです。

7.チャメドレア - Bamboo Palm

ホルムアルデヒドを取り除いてくれます。

直射日光を避けた明るめの場所で、水分をや湿度を好むので、やりすぎないように水やりを管理する必要があります。見た目は南国なので、インテリアを南国風にしたい人におすすめです。

8.つつじ

これもポピュラーな花で、5月ごろには多くの鉢植えを見かけますね。ホルムアルデヒドを取り除いてくれる優れものです。春に鉢植えを部屋に飾って楽しむには良い植物です。

9.ドラセナ

種類が多く、NASAの実験で使われたのは、
ドラセナ・マジナータ


ドラセナ・ワーネッキー


ドラセナ・マッサンゲアナ(幸福の木)


ジャネット・クレイグ


で、ベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸収してくれます。
直射日光を避けた明るめの場所で水は乾いたらたっぷりと上げるようにすれば大丈夫です。

成長は遅いですが、斑の入った葉も多く、多くの種類から好みのものを選ぶと良いです。

大きさも小さいものから木まで様々です。

10.オリヅルラン -Spider plant

丈夫で育てやすいことで知られる定番の観葉植物ですね。

子株から増やすのも簡単なので、沢山増やして部屋に置いておくと良いです。

日差しはある方が成長しますが、耐陰性もあります。

ホルムアルデヒドをフィルタリングしてくれます。

以上、NASAがお勧めする「空気を清浄化してくれる観葉植物」でした。NASAによれば、観葉植物の空気清浄効果を高めるには、

およそ10平方メートルごとに1個の鉢植えを置く
鉢植えのサイズは直径が15㎝から20㎝にする

と良いとのことです。

個人的に好きなものは、ポトス、サンセベリア、ドラセナ、スパティフィラムがケアも簡単で初心者でもお勧めだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *