あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

炎症は、体に異変が起きたときに、免疫が自分を守ろうとする働きのことです。火傷や切り傷のような短時間の炎症ならいいのですが、これが長期にわたる慢性的な炎症になると、あらゆる病気の原因になります。慢性炎症の原因としては、ストレス、加工食品、グルテン、糖質などの摂りすぎ、睡眠不足、運動不足などがあげられます。