お茶は鉄分の吸収をブロックする。

緑茶にはさまざまな効能がある一方で、消化酵素をブロックする作用があり、特に鉄分の吸収をさまたげる効果がよく知られていて貧血気味の人には要注意です。

緑茶と鉄分

もっとも有名な緑茶のデメリットが鉄分のブロック作用です。カテキン(特にEGCG)には鉄分の取り込みをじゃまをする働きがあって、ヘム鉄でも非ヘム鉄でも同じ現象が起こります。(ソース1ソース2

2005年の論文(ソース)によると、

  • 150mgのカテキンで鉄分の吸収率は14%減少
  • 300mgのカテキンで鉄分の吸収率は27%減少

という結果が出ています。市販の緑茶(500ml)には約200mgのカテキンが入っているので、これを飲んだ場合は、鉄分の摂取量を意識して2割ぐらいは増やしたほうがいいということになります。 続きを読む

緑茶を飲むと頭良くなる他どんなメリットがあるの?

緑茶、飲んでますか?私はやはりついコーヒーを飲んでしまうのですが、緑茶にはさまざまなメリットがあります。コーヒーだけでなく、緑茶も積極的に取り入れたいところです。

1.緑茶は体重を減らす

ニュージーランドの大学の研究(ソース)によると緑茶にはダイエット効果が分かってます。

この研究では、1日200mlの緑茶を最低12週間以上は飲み続けると、平均で1.13kgの体重が減少しました。。ただし、1日に300mgのカフェインを摂る人は緑茶を飲んでも痩せないという注意点があります。

1日253mgのカテキン+カフェイン30mgで平均5.7gの体脂肪が燃えるということです。

基本的には1日400〜500mgぐらいのEGCG(カテキンの一種)を飲まないと効果がでない可能性があります。

緑茶には、

食欲の抑制
代謝の向上
脂肪の分解
糖と脂肪の吸収ブロック 続きを読む