幸せをお金で買うには?

「「幸せをお金で買う」5つの授業」という本は、どういうお金の使い方をすると幸福を感じられるかについて心理学的見地から説明してあります。

著者はブリティッシュコロンビア大学の心理学の教授で、タイトルどおり幸せになるための科学的に正しいお金の使い方について述べた一冊です。

ポジティブ心理学がすすめるお金の使い方の知識がコンパクトにまとまっているので、幸福学関連の本になじみがない方にはおすすめです。

この本が提案している、幸せをお金で買う5つの授業は、以下のようになります。

1.経験に金を使う

人間の脳は物よりも体験のほうが慣れるのが遅いので、幸福感を長引かせることが可能になります。

長期的にみても、思い出に残る体験をしたほうが、時間とともに記憶が書き換えられていき、結果的には幸せな感覚を長く持てるようになるということです。

たとえ、その場では嫌な体験だったとしても、時間が過ぎればネタとして価値を持ったりします。

経験に金を使うときは、他人と一緒に行えることを選ぶほど幸福度は高くなる傾向があります。

2.新しいことに金を使う

幸福度が減る一番の原因は慣れです。

脳はすぐに新しい環境に順応し、決まったルーティンやくり返しが増えるほど幸せが損なわれてしまいます。

そのため、金を出すなら、できるだけ目新しい体験や物に支払うのが良いです。

といってもスカイダイビングやアフリカ旅行のような大きな話じゃなくて、いつもと違う石鹸を買うとか、新発売のお茶を買うとか、その程度でも十分に大丈夫です。

3.時間を買う

人間は時間に余裕があるほど幸福度が高くなるので、できるだけ手持ちの時間が長くなることに金を使うべきです。

これは、無駄に暇な時間を作れば良いということではなく、「自分は時間に余裕を持ってるな」と心から感じられることが大事です。

たとえばボランティア活動で人のために時間を使うのも余裕感が味わえるよい方法です。

本書では、特にテレビと通勤の時間を減らし、家族や友人と過ごす時間を持つことが強調されています。

うーん、日本の典型的サラリーマンとは真逆ということですね。

コロナをきっかけにもっと在宅勤務が増え、時間を有効に使い、残業が減ってもっと家族や友人と過ごせるようになれば良いと思います。

4.支払いは先に済ませておく

人間の脳は、基本的に「支払い」に苦痛をおぼえるらしいです(実際の脳の痛みを感じるエリアが反応します)。

そのため、支払いと苦痛を分離できるクレジットカードは、つい使いすぎてしまう傾向が高くなります。

逆に支払いを先に済ませておくと、脳は「無料になった!」と勘違いして幸福感がアップするようです。

また、お金を先に払っておくと、後払いよりも最終的な支出額が安くすむ傾向があるので一挙両得とのことです。

5.他人のためにお金を使う

ここで紹介した5つの授業のなかでも、もっとも効果が高いお金の使い方になります。

アダム グラント「GIVE & TAKE」にもあるとおり、他人のためにお金を使ったほうが、自分のために支払うよりも相当に幸福感が高くなります。

お金は人のために使うと幸せになれる!

これは別に裕福な人に限ったことではなく、一般的な所得の人にも当てはまることです。

お金を使う前に、「幸せをお金で買う」5つの授業の中にあったかなと考えてみたらいいかもしれません。

本書には根拠となる実験やエピソードなどが豊富にあるので、さらに深く納得したい方は一度手に取ってみてください。

老けた見た目になるストレスはお金の悩みだ!

老化の原因はいろいろありますが、「見た目」へのダメージが大きいのが、紫外線とストレスです。
紫外線による光老化の問題については、アメリカ皮膚学会の見解(ソース)などが参考になりますが、ここではストレスの話です。

当然ながらメンタルと見た目は密接につながってまして、若作りをしたり、自分は若いと思うだけで、実際にカラダの老化が遅くなっていきます。(ソース

若作りはアンチエイジングである!

2016年に出た論文(ソース)では、「もっとも見た目が老けるストレスはお金の悩みである!」研究結果があります。

ストレスといっても、「仕事のストレス」や「対人ストレス」などいろいろありますが、果たしてどれがもっとも見た目によくないのかを調べています。

これはブランダイス大学の研究で、200人の男女を対象にしたものです。1995年と2005年に全員の顔写真を撮影して10年間の老け具合をチェックしたうえで、さらにストレスのタイプとレベルを調べました。

結果は、

  • 金がなくて悩んでいる人ほど見た目が老けやすい!
  • ほかのどのストレスよりも、お金のストレスがもっともダメージが大きい!
  • お金に困ると、実年齢よりも老けてみられがちである!

となっています。

どんなストレスも良くないものの、金銭面のストレスが群を抜いて悪影響が大きかったようです。

この理由としては、

  • 大半の人にとっては、お金に関するストレスがもっとも心理的な負担が大きいから
  • お金に困ってる人は自分の身なりに構わなくなりがちだから

の2つが考えられています。

研究者によれば、

” 経済的なストレスが大きい人は、自分のルックスを注意を払わなくなりがちである。さらに、ストレスそのものが老化を加速させる。

実年齢よりも老けて見られると行動やライフスタイルが変わり、健康にまで悪影響が出てしまう。”

ということです。

見た目が若いお金持ちが多いのは、たんに身なりに金をかけられるだけでなく、ストレスによる老化の影響を受けにくいのが理由なのですね。

やはり経済的な自由はアンチエイジングにも重要ということです。

お金は人のために使うと幸せになれる!

「情けは人のためならず 」ということわざがありますが、お金に関しても他人のために使うと幸せになるというブリティッシュコロンビア大学から、論文(ソース)が出ています。

論文の結論は、従来の研究と同じように「お金はどんどん人のために使うほうが幸せになる」というものです。

136カ国を調べたところ、人種や年齢、貧富の差は関係なく、どんな人でも他人に対してお金を使ったほうが幸福度はアップしたということです。

さらに、この研究では、「どういうふうに他人にお金を使えばいいのか?」ということまで考えています。

他の研究と比べてみたところ、単に他人にお金を使っただけじゃ幸福度はアップしないことがわかったらしいです。

で、どういう場面で他人にお金を使えばよいのかというと、

要は「自己決定論」にもとづいていればいいということです。

自己決定論は、「人間は、以下の3つの欲求が満たされるときに幸せになる!」という理論です。

  1. 自立感:自分で好きな物事について決定することができている感覚。
  2. 有能感:自分の能力にあったことができる、自分に合った成長の機会がある。
  3. 関係性:周囲にいる人といい関係を保つことができる。

このなかでは、とくに「関係性」が大事で、金を使うことで周囲の人たちからの評判がよくなるほど幸福度がアップするそうです。やはり、まわりの評価が重要ということですね。

その他の要素も同じような感じで、「有能感」は、自分が金を出すことで何かが変わったと思えるほうが幸福度はアップし、 「自立感」は、自分が金を出したのは私が決めたからと思えるほうが幸福度はアップするということです。

自分がいい気分になるために金を使ってるって感じです。

なぜ物を買えば買うほど不幸になるのか?

以前に書いた記事ですが、物を買ってその時は気分よくなっても、結局それは、自立感、有能感、関係性の欲求が満たされない場合は、幸せを感じられないということですね。

お金に困るほどIQもさがってしまう!

貧乏だとお金がないだけでなく、IQまで減らしてしまう」ということを実証した実験があります。(ソース

これは「いつも『時間がない』あなたに:欠乏の行動経済学」の著者のハーバードの経済学者センディル・ ムッライナタン達が手がけたものです。

本のテーマは「欠乏感はいかに人の能力を狂わせるか?」というもので、この実験はお金がないとどういう影響がでるのか調査しました。

まずはアメリカの有名な商店街で買い物客にインタビューを行い、さまざまな年収の参加者を400人ほど集め、そのうえで、全員にアンケートとを行い、日ごろの精神状態や経済的な安定度についてのデータを集めました。

その後、全員に対して「自分の車が壊れて修理が必要になった場面」を想像してもらったところ、年収が約200万円ぐらいのグループは、年収が700万円以上のグループにくらべて、IQテストの結果が40%も悪くなったそうです。

こういう事態が起きるのは、お金に対する欠乏感が脳の処理能力を奪ってしまい、他のことに回す余裕がなくなってしまうからです。俗に「トンネル効果」と呼ばれる現象だそうで、研究者によれば、

” 経済的な負担は、私たちの能力を取り去ってしまう。これは、貧困についての研究ではない。あくまで、限られた予算の範囲で暮らしていかねばならない人たちが対象である。

経済的なストレスが大きい人を見ると、私たちは単純に「お金に困っているんだな」と考えてしまう。しかし、実際のところ、彼らは認知機能の不足にも困っているのだ。”

ということです。

さらに、本書では、インドでの研究例も出していて、インドの農家464件を調べたところ、収穫後(=裕福)のIQは、収穫前(=貧乏)にくらべて25%も良かったんだそうです。

この問題を解決するには、貧しさから抜け出す必要がありますが、それでも、貧しさには人間のポテンシャルを損なう作用があると意識するだけでも違ってくるかもしれません。

とにかく、金に困っている時期に大事な決断はしないのがベストですね。