オメガ6脂肪酸はどうして悪影響が多いのか?

オメガ6脂肪酸は、飽和脂肪酸と違って、体内で作れない必須脂肪酸の一種です。

おもに菜種や大豆といった種子類に多く含まれるので、大豆油、コーン油、菜種油、キャノーラ油などの食用油には、オメガ6がたっぷり入っています。

外食が多い人ほど、オメガ6を多くとりがちになります。

では、オメガ6の悪影響は以下のようになります。

太りやすくなる

まず、オメガ6をとり過ぎると脂肪が増えてしまいます。

1993年の研究(ソース)では、マウスに大量のサフラワー油をあたえる実験が行われましたが、牛脂だけを摂取したマウスにくらべて12.3%も体重が増加しました。

人間を対象にした実験もあって(ソース)、782人の男性を2つのグループにわけて、一方には動物の脂肪(飽和脂肪酸)を、もう一方には植物油(オメガ6)だけを、5年にわたって摂取し続けてもらいました。すると、オメガ6のグループは少しずつ体重が重くなっていって、最終的には動物脂肪グループよりも5%ほど体脂肪が増えていたという結果になっています。

ちなみに、糖質が多い食事とオメガ6がセットになると、さらに肥満のスピードが上がっていきます(ソース)。逆に、低糖質な食事を心がけていれば、そこまでオメガ6の悪影響は出ないようです。

アレルギーを引き起こす

大量のオメガ6は体に炎症を起こすことが知られていて、結果として免疫系に悪影響が出てしまいます。

そのため、外部からの病原体には過剰反応をおこしてアレルギーが起きるし(ソース)、細胞内のウイルスへの抵抗もなくなって老化を進める可能性があります。

肝臓にダメージを与える

肝臓といえば、いったん壊れると修復がとても難しい臓器です。

大量のオメガ6は、この肝臓に酸化ストレスを与えて肝がんや肝硬変の発症率を高めてしまいます。

実証研究としては動物実験が多くて、たとえばコーン油を与えられたマウスは、ココナッツオイルを摂ったマウスにくらべて肝臓病が激増したり(ソース)、

アルコールで肝臓をやられたマウスにコーン油を飲ませたら脂肪肝が悪化などがあげられます(ソース)。

とにかく、アルコールや果糖で肝臓が傷んだところにオメガ6を投入すると、さらにダメージが大きくなるので要注意です。

ガンを悪化させる

こらも動物実験の段階ですが、マウスにコーン油を与えたところ、前立腺がんの進行が速くなったとか(ソース)、リノール酸を飲ませたら、ガンの転移スピードが4倍に上がったという話もあります(ソース)。

メンタルにも悪い

これはあくまで関連があるというレベルの話ですが、オメガ6の使用量が多い国ほど自殺率が高いなんてデータもあります(ソース)。

グラフ上ではオメガ6の消費量と自殺の数字がキレイに連動していて、ちょっと怖くなったりします。

なぜオメガ6はそこまで悪いのでしょう?

ここまでオメガ6が体に良くないのには、様々な説がありすが、おそらく最も可能性が高いのが酸化の問題と言えます。

というのも、オメガ6はとにかく酸化ダメージに弱いです(ソース)。

酸化はアンチエイジングの大敵で、全身に炎症を起こしてさまざまな問題の原因になってしまうわけです。

なかでも大豆油、コーン油、菜種油、キャノーラ油などの食用油は、製造の過程でかなりの熱を加えるので、店頭に並ぶ時点でかなり酸化が進んでいることになります。

使えば使うほど体の老化を進める、恐ろしい液体と言えます。 日本でも1960年代ごろから使用量が激増してますんで、とくに外食が多い人は注意したいところです。

以上のように、オメガ6の害を見てみました。

基本的には、大豆油、コーン油、菜種油、キャノーラ油、サフラワー油、サンフラワーオイルなどを止めるだけでも状況はかなり良くなると思います。