アンチエイジングの大敵、AGEs って何?

AGEsって聞いたことありますか?

AGEsは「終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)」の略で、タンパク質と糖が熱でくっついた成分で、お肌のシミやシワといった美容面に良くないだけでなく、血管や脳にもダメージをあたえると言われています。

つまりアンチエイジングにとっては大敵と言える物質です。

AGEsが体内にたまってくると、骨や血管がもろくなったり、皮膚の弾力性の低下や、視力の低下につながると考えられています。

AGEsを増やさないことが、アンチエイジングになります。

AGEsは高熱を使う食品に含まれていて、フライドポテトやトンカツ、パンケーキなどは特に量が多く、しかも、困ったことに牛肉や豚肉にも、大量のAGEsが入っています。

続きを読む