カロリーの質が高い脂肪とフルーツを食べよう!

先日、 ダイエットにとってカロリーの質が重要ということを記事にし、カロリーの質を決める、満足度、吸収率、効率性、栄養価の4大要素を考えると、できるだけ満足度と栄養価が高く、吸収率と効率性が低い食品ほど質が高い ということを説明しました。

カロリーの質が高い食品グループとは?

低糖質な野菜(50%)、たんぱく質(20-30%)に続いて、1回の食事でとるべき理想の脂肪とフルーツ(または高糖質な野菜)の量は、およそ全体の食事量の5〜10%をカロリーの質が高い脂肪で埋め、残りはフルーツか高糖質な野菜に割り当てるのがベストです。

そもそも質が高い脂肪ってなに?

まず「質が高い脂肪」とは、

カロリーあたりの抗酸化物質・ポリフェノール・フラボノイドが豊富
ほぼ未加工でよぶんな添加物が入ってない

の2点が重要です。

続きを読む

カロリーの質が高いたんぱく質とは?

先日、 ダイエットにとってカロリーの質が重要ということを書いて、カロリーの質を決める、満足度、吸収率、効率性、栄養価の4大要素を考えると、できるだけ満足度と栄養価が高く、吸収率と効率性が低い食品ほど質が高い ということを説明しました。

カロリーの質が高い食品グループとは?

低糖質な野菜の次に重要なのはカロリーの質が高いたんぱく質です。低糖質な野菜を食事の量のほぼ半分としたら、たんぱく質は20%から35%ぐらい摂取するのがベストです。

質が高いたんぱく質ってなに?

質が高いたんぱく質は、

カロリーあたりのたんぱく質量が多い
必須アミノ酸のバランスがよい
ビタミンとミネラルが豊富
よぶんな添加物が入ってない

の4点がポイントになってきます。

続きを読む

カロリーの質が高い食品、低糖質な野菜とは?

昨日書いた記事では、カロリーの質が一番高いのは いわゆる低糖質な野菜で、低カロリーでお腹が一杯になり、脂肪になりにくいうえに、総カロリーあたりの栄養も豊富と、まさに4つの基準

満足度
吸収率
効率性
栄養価

をすべて満たした食品の王様ということを書きました。

カロリーの質が高い食品グループとは?

低糖質な野菜ってなに?

まず前提として、

  • 低糖質な野菜:全体の50%
  • フルーツ、糖質の多い野菜:全体の10%

ぐらいの割合を目指すのが良いです。

これぐらいの分量を意識しつつ食事をすると、自然と狩猟採集民の栄養バランスに近づいていくはずです。

続きを読む

カロリーの質が高い食品グループとは?

昨日はダイエットにとってカロリーの質が重要ということを記事にしました。カロリーの質を決めるのは、
満足度
吸収率
効率性
栄養価
で、できるだけ満足度と栄養価が高く、吸収率と効率性が低い食品ほど質が高いと言えます。

ダイエットは食事のカロリーの質が重要!

どの食品が質が高いと言えるのでしょうか

いわゆるトラディショナルなフードピラミッドは、もっとも大事なのが米やパンで、2番めに野菜、3番めが肉や魚といった順番になってますが、カロリーの質を基準にすると1位が緑黄色野菜、2位がタンパク源、3位が油の順番に変わってきます。

続きを読む