果物とヨーグルトはどれ位食べるのが良いの?

2021年に「フルーツの糖分(果糖はどこまで体に悪いか?」を調べたメタ分析(ソース)は、「果糖の摂取源によって死亡リスクは変わるのか?」という点を調べていて、私たちの暮らしに役立つ内容になっていると思います。

どうしてフルーツの糖分が議論になるかというと、

  • 他の糖類と比べて、果糖は主に肝臓で処理されるので、肝臓で脂肪酸を作る割合が大きくなりやすい
  • 果糖は、脂肪酸の分解を阻害することが確認されている

という特徴があるからです。

こういった特徴があるので、果糖を大量に摂取すると、脂肪肝とか心臓や血管の病気リスクを高めるかもしれないと言われています。

糖質制限ダイエット系でよく聞いたことがあると思います。

果糖を多く使ったソフトドリンクをたくさん飲む人ほど健康を害しやすい傾向はありますが、「果糖を多く含むその他の食品はどうなのか?」という点にも焦点を当てています。

この研究はコホート研究のメタ分析になっていて、果糖の摂取源としては、

  • フルーツ全般
  • 朝食用シリアル
  • 果糖入りのドリンク
  • ヨーグルト

などに分類したうえで、それぞれが全死因死亡率、心血管疾患(CVD)死亡率、癌死亡率にどう影響するのかを調べています。

で、結果をまとめると以下のようになります。

1.果物で死亡リスクはどう変わるか?(28試験、162万6395人)


    • 果物をほぼ食べない人と比べて、果物をたくさん食べる人は死亡リスクが11%低かった
    • 果物を1日1食(100g)食べるごとに、死亡リスクが5%低下する
    • 死亡リスクの低下は1日200gまで直線的に減少し、その後で効果がなくなった

続きを読む

うつは心だけでなく体の病である!

うつになると体調が崩れるのはなぜ?

「心と体は一つである」と言われるように、メンタルの低下が体にも悪影響をおよぼすケースはよくあるわけです。

気分が沈んだら、なんとなく風邪を引きやすくなったとかの経験は誰にでもあるかと思います。

そこで、「なんで鬱になると体を壊すの?」という問題を調査した論文(ソース)があります。

これはグラナダ大学の研究で、うつと病気の関係を調べた29件の論文から、3900人分のデータをまとめたものです。

鬱は体にどんな影響をおよぼすのか?」という問題を徹底的に調べたメタ分析になってます。

続きを読む

お酒のダメージを相殺する方法は?

以前、ワインは体にいいので1日1-2杯程度は健康によいと書きました。

酒は体によくないでも、ワインはいいの?

でも付き合いでワインでないお酒や多く飲む機会もあるかもしれません。

シドニー大学の研究論文(ソース)では、お酒の悪影響をエクササイズでカバーできるのかということを調査しました。

40歳以上の男女3万6370人のデータを使って日常的な飲酒とエクササイズの量の関係を調べたところ、

1.ほぼ運動せずにお酒を飲んでる人は早死にする確率(75歳前)がアップする。

2.運動をしない場合、たとえ適度な飲酒(1日グラス2杯ほど)でも早死にの確率は16%あがり、ガンの発症リスクは47%上昇する。

3.運動せずに深酒すると、ガンの発症リスクは87%あがる。

4.適度な運動(自転車とかズンバとか水泳くらいの負荷)を週に150分行えば、ほとんどの死亡リスクは相殺でき、がんの発症リスクは36%減る

ということが分かりました。
続きを読む

ビタミンBサプリはとりすぎるとガンになる。

取りすぎるぐらいなら取らない方がいい。それがビタミンBのサプリです。

2つの研究結果がビタミンBサプリを取ることでガンの発生が多くなったことを示してます。

1.ビタミンB12と葉酸をとって大腸がんになる。

2.ビタミンB6とB12をとって肺がんになる。

1.ビタミンB12と葉酸をとって大腸がんになる。

背景:

葉酸とビタミンB12 は葉酸代謝とメチオニン代謝を含む代謝経路 (One carbon metabolism)に重要な役割を果たしています。

この役割を邪魔することでガンのリスクが高まるのではないかと考えられています。

方法:

2524人を対象に実験を行いました。

毎日葉酸を400mcgとビタミンB12を500mcgを取ってもらったグループとそうでないグループに分かれ、2-3年の影響を調べました。

結果:

ガンにかかった人は171人(飲んでなかった人達は143人)。

特にビタミンBは大腸がんの発生にかなり関与していることが分かりました。大腸がんにかかった人は43人(飲んでなかった人たちは25人)です。 続きを読む