抗酸化の王様であるグルタチオンを摂ろう!

グルタチオンはアミノ酸の一種で、「抗酸化の王」と呼ばれるぐらい活性酸素をとりのぞくパワーが高い成分です(ソース)。

牛乳や放牧牛などに多く入っていて、Lシステインが入ったサプリが美肌に効くと言われるのも、グルタチオンの効果と言えます。

グルタチオンが足りないと、

  • 体内の炎症レベルがアップ
  • DNAが損傷
  • 体内に毒素が定着

みたいな現象が起きてくるので、ぜひとも気をつかいたいです。

が、ここまで大事なのにそれほど名前が知られてないのは、グルタチオンのサプリは吸収率がとても悪いからです。

飲んでもほとんど無駄なレベルなので、別のサプリか食品で体内の生産量を増やしていくしかないです。

ということで、体内のグルタチオンを増やす食品とサプリをまとめてみたので、アンチエイジングの目的として使えると思います。

1.ホエイプロテイン

ホエイプロテインには筋肉をつけたり脂肪を減らすなど様々なメリットがありますが、他にも健康的な効果があります。

  • 免疫系が悪化した人にホエイプロテインを飲んだら、体内のグルタチオンレベルがあがった(2001年,ソース)
  • がんの患者さんにホエイプロテインを飲んでもらうと、グルタチオンが増えて治療がしやすくなる(2000年,ソース)

などです。ただ、グルタチオン目的で飲むなら加工レベルが低いほうがいいので、おそらくアイソレートは使わないほうがいいかもしれません。

ホエイプロテイン、飲むだけで痩せるって本当?

2.牛レバー

牛レバーはかなりの栄養食品ですが、特に牛にふくまれるセレンはグルタチオンの生産をあげてくれることが知られています(ソース)。他の食品にくらべて体内での利用率が高いみたいです。

セレンはサプリでも売ってますが、過剰摂取の副作用が怖い成分なんで食品から摂ったほうが良いです。できれば品質の良いレバーを食べるのがベスト。

3.セレンが多い食品

セレンでグルタチオンを増やすなら牛レバーが一番ですが、その他の食品もそれなりに効果はあります。手に入りやすい食材は、

  • マグロ
  • イワシ
  • 牛肉
  • チキン
  • ホウレンソウ

などです。どれか毎日食べられそうですね。ちなみに私はホウレンソウは毎日ジュースにしたりして摂取しています。

4.イオウが多い野菜

イオウもグルタチオンの生成には必須です。イオウが足りないと肝臓や肺のグルタチオンレベルが一気に下がることが知られています(ソース)。以下の野菜を普段から食べておくと良いと思います。

  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • キャベツ
  • カブ
  • ダイコン

5.ミルクシスル

ミルクシスルは、マリアアザミというハーブの一種で、昔から肝臓のダメージに効くと言われていて(ソース)、アンチエイジングドックなどでも勧められることが多い成分です。

平常時に飲んで効果があるかは不明ですが、アルコールによるグルタチオンの低下には効果的なので(ソース)、酒を飲む人は摂っておいたほうがいいようです。