体の老化を防ぐポリフェノールはいい!

ポリフェノールとは何なの?

ポリフェノールはショクブン津の色素や苦み等の成分で、紫外線や感染症の害から身を守るために植物が進化させた抗酸化作用が強い成分です。

ポリフェノールにはカテキン、フラボノイド、イソフラボン等などの種類があり、8000種を超す抗酸化成分がまざってできています。発がん性のある食べ物を食べたとしても、ポリフェノールを多く含む野菜やフルーツを一緒に食べるとポリフェノールが発がん物質の作用を打ち消してくれます

インドのレヴュー論文(ソース)によると、ポリフェノールは、

ガン
糖尿病
老化
心疾患
高血圧
喘息
感染症

などから守ってくれます。ポリフェノールが様々な病気から守ってくれるのは、抗酸化パワーだけでなく、酵素の機能を調整したり、細胞のレセプターを刺激したり、炎症を起こす細胞を調整したり、神経細胞や筋肉細胞へ刺激を与えたりしてくれるからです。

ポリフェノールを多く含む食品

2010年にネイチャーに発表された論文(https://www.nature.com/articles/ejcn2010221)でもっともポリフェノールが豊富な食品ベスト100が選ばれています。表にもまとめられてます(ベスト100食品リスト)。 続きを読む

ココアは万能な飲み物

特に冬の間は私もよく飲むココア(もちろんカカオ100%のパウダー)は血管を広げて血流を良くしてくれるので寝る前に飲むとぽかぽかです。

他にもココアの効果はあります。

.抗酸化作用

2.認知機能アップ

3.血圧の改善

4.心疾患の予防

5.気分の改善

6.慢性疲労を和らげる

7.美肌効果

8.便秘に効く

1.抗酸化作用

ココアのポリフェノールの実験研究結果(ソース)によると、緑茶やワインより抗酸化力が高いということが分かってます。

体内の炎症に対して有効な効果があります。

ココアの抗酸化力は半端ではないようです。 続きを読む