空気を読みすぎるとコミュニケーションがうまくいかない。

空気を読んで会話することは無意味です。しかも性格上協調性の高いひと、空気を読むことに長けている人は経済的に問題が起きるということも分かってます(ソース)

空気を読んでるとコミュニケーションが取れない。

空気を読んだりして協調性の高い人は、人の感情を察する能力に長けていてコミュにケーション力自体は高いのに、その能力が高いからこそ余計に相手のことを気にしすぎてうまくコミュニケーションを取れないことになってしまいがちです。

空気を読むというよりは自分の本心を隠して相手に一生懸命に表面上合わせて会話しようとするからコミュニケーション能力が低いように見えるということが分かっています。

相手が間違っていることや自分の意見とは違うことを言っていても相手が機嫌悪くなっては困るからあえて批判はしないようにしようとか、あるいは、自分がいいアイデアを思いついたとしても周りとは違う意見だから黙っておこうと空気を読んでしまう人がやりがちなことです。

自分の気持ちを抑えてもメリットはない。

続きを読む

簡単に幸せになれる方法

シカゴ大学(ソース)の研究によると、誰かと繋がると幸福度が増すのに不必要に孤独でいてしまう、という実験結果があります。

簡単に幸せな気分になるには、見知らぬ人と街中で話しかけること!です。

まあ、アメリカ人が概ね幸せそうにしてるのはこれ普通に実践してるからかなのでしょうか。朝通勤途中でコーヒーやベーゲル買ったりする時、ランチタイムでサラダオーダーする時無駄に話しているなと思う時があります。

シカゴ大学の実験は9つの実験を行っていて、その中の一つはバスや電車を使って通勤している人を対象にしたものは、次の3つのグループに分けました。

1.見知らぬ人と話するようにする。
2.全く話ししない。
3.通常通り通勤する。 続きを読む