コロナ過で不安になり運動が続かない!

マクマスター大学などのチームによる研究によると「コロナ過で不安になり運動が続かない」という結果(ソース)が2021年に出ています。

これは1669人を対象に、新型コロナ下での運動習慣について調べたもので、おおよその結果はこんな感じです。

パンデミック時には、ほとんどの人の運動量が約10%減り、ストレスも約20%増加していた

つまり、新型コロナでメンタルヘルスが悪化した人ほど運動をしなくなり、その結果としてストレスが増えたということです。

研究チームによれば、

” 運動は不安を軽減すると言われているが、多くの回答者は不安で運動ができないと感じていた。

ゆううつ感の強い回答者は運動に対するモチベーションが低く、モチベーションの低下はゆううつ感の症状のひとつとなる。”

不安で運動が出来なくなり、運動をしないせいで不安が増し、さらに運動ができなくなり、そのせいでさらに不安が増すというマイナスのスパイラルに入ってるのではないか?ということですね。

続きを読む