ジャンクフードの誘惑に勝てる脳トレゲーム?!

脳トレアプリでジャンクフードの欲望が減る!」というデータ(ソース)があり、お菓子が好きでやめられないという人には役立つかもしれません。

これはエクセター大学とヘルシンキ大学などのチームが作ったアプリで、「FoodT」って名前ですでにiPhone版が公開されています、利用は無料なので試しやすいですね。

アプリの使用法は簡単で、起動するといろんな食品画像が表示されて 「これは健康食だ!」と思ったらタップし、

逆にジャンクフードが表示されたらスルーすれば良いだけです。

ひたすらこのくり返しで、最後に成績を表示してくれます。

ゲームとしてはそれ程面白くなさそうです。

研究チームは1234人を対象にこのゲームを遊んでもらい、どのような効果があるかをチェックしたところ、

  • 1日1回ずつ1カ月間続けてゲームをプレイすることで、ジャンクフードの消費量が8段階評価で平均1ポイント減少した!

  • アプリをより多く使った人ほど、食事の摂取量に良い変化が見られた
  • 全体的に見ると、参加者は平均して0.5kgほど体重が減り、健康的な食事の摂取量もわずかながら増加した

という結果がでて、これといった指導はしてないのに、ゲームで遊んでもらっただけで食習慣に変化が見られました。

具体的には、ジャンクフードを週に2〜4回食べていた人が、アプリを1カ月間ほど使ったら週1回にまで減らすことができたとのことです。

続きを読む

どうしてもジャンクフードが食べたくなった時は?

いますぐポテチが食べたいと思ったとき、その原因には2種類が考えられます。

1つは脳がポテチの美味さに過剰反応してる場合で、もう1つは単純に必要な栄養素が足りていない時です。

脳が過剰反応している場合は心理学の方法でメンタルを正していくしかないですが、栄養が足りていない場合は、その栄養素を別の健康的な食材で補うと、ジャンクフードへの欲望が止まることがよくあります。

そういうことで、以下にジャンクフードと必要な栄養素の対応表を載せておきました。

続きを読む

喫煙と同等なくらい体に悪いこと6つとは?

たばこは最悪だ!」というのは、たとえ喫煙者でも知っている事実ですよね。

様々な癌の原因になってたり(ソース)、遺伝子レベルで一生消えない傷が残ったり(ソース)、 さらには年収が下がったり(ソース)と、何も良いことがないことがわかっています。

ですが、以前取り上げた孤独のように「たばこより体に悪いかもしれないもの」というのがあるので、まとめてみました。

ここで紹介するデータは、タバコの害を実証した研究に比べると信頼性は低いので、たばこと同等かより体に悪いかもしれないぐらいに考えるといいです。

座りっぱなし

座りっぱなしは寿命を縮めてしまうというデータや、(ソース)。1日に3時間より多く座ると死亡率が上がる(ソース)というデータもあって怖いですね。

そのせいで、近ごろは「イスは新しいたばこである」みたいな言い方(ソース)もあるくらいです。

続きを読む

どうしても非健康的なものが食べたい時は?

比較的健康的な生活をしている人でも時には、ジャンクフードを食べたくなることがあると思います。

私の場合はスナック菓子ですね、出来るだけポテトチップスは避けてますが。

2016年イギリスの研究論文(ソース)によれば、もしお菓子を食べるなら、高脂肪よりは高炭水化物のほうがましであるという結果が出てます。

65人のBMIが25以上の肥満で日頃運動をしていない男女を対象にした実験で、

1つのグループは、高脂肪低炭水化物(脂肪56%、タンパク質13.9%、炭水化物30.1%)

2つのグループは、低脂肪高炭水化物(脂肪23%、たんぱく質13.5%、炭水化物63.5%)

を食べてもらいました。

1つ目のグループは、

薄切りのパンチーズサンドイッチにバターとチェダーチーズ
カラメルショートケーキ
チーズたっぷりピザ
チョコビスケット

2つ目のグループは、

厚切りパンのチーズサンドイッチにマーガリンとホワイトチーズ
チョコチップ、スライス
チーズ少な目ピザ
スイスロールケーキ

のようなそれぞれ高脂肪低炭水化物、低脂肪高炭水化物な食事を昼食だけ800Kcalに固定して朝と夜は好きなだけ食べるようにしました。 続きを読む