最強のスキンケアはどれ?

ちまたにはありとあらゆる化粧品があって、どれを使えば良いのか、高いからいいのか?迷いますよね。

今は、高級なブランドの化粧品はほぼ使用せず極めて簡単にしています。

アメリカ皮膚科学会(ソース)によれば、

皮膚科医が認める有効なアンチエイジング商品は、日焼け止めと保湿剤です。この2つを毎日使うだけでも大きな違いが出ます。

多くのアンチエイジング商品が効くのは、要するに保湿剤が入っているおかでです。

日焼け止め!ワセリン!レチノール!

JCIの2012年論文はエビデンスのレベルは低いのですが、結論にいたるまでの参照文献はちゃんとしていて、フェイシャルマッサージや高級スキンケア商品などの効果をチェックしていき、その大半を「無駄!」とバッサリ切り捨てていった結果、残ったのは、

日焼け止め、ワセリン、レチノールを使おう!

です。 続きを読む

まさかの美肌、ワセリン最強説

保湿剤には何を使うべきか

以前の記事で書いたのですが、皮膚科医が認める有効なアンチエイジング効果(皮膚を若々しく保ってくれる)のある商品はなんと日焼け止めと保湿剤だけなのです。

乾燥を防ぐために保湿剤は一番重要です。

保湿剤といっても高いクリームを塗る必要はなく要するに油で皮膚の上に膜をつくってあげるだけで大丈夫です。

保湿剤に何を使うのか?ということですが、実はワセリンでいいのじゃないのかという研究結果があります。

ノースウエスタン大学の研究(ソース)によると、

生まれたばかりの赤ちゃんを対象にしたものです。

一般的に新生児の20%が謎の湿疹に悩むと言われてますが、このアトピーを治すにはどんな保湿剤を使うのがベストなのかを調べました。

効果を比べた商品は、

ワセリン(600円ぐらい)
Aquaphor(2500円ぐらい)
セタフィル(1500円ぐらい)
アビーノ(1500円ぐらい)

などです。

わりとドラッグストアでは定番の保湿剤が選ばれています。

アビーノはよく私も使いますね。 続きを読む

高給化粧品はパッケージと広告にお金がかかってるだけ!

アメリカ皮膚科学会(AAD)という世界で最も大きい皮膚に関する学会による、科学的に正しいスキンケアについて解説があります。

皮膚科医が認める有効なアンチエイジング効果(皮膚を若々しく保ってくれる)のある商品はなんと!日焼け止めと保湿剤だけです。

1.日焼け止めクリーム

2.保湿剤

1.日焼け止めクリーム

紫外線からの皮膚へのダメージがあることは誰もが知ってますよね。

外出するときは日焼け止めクリームです。

季節関係なく顔へはもちろん、手などにも塗りましょう。

どういう日焼け止めクリームがいいのか?

広域スペクトラム(多くの波長を吸収してくれる)という機能がついているものでSPFは30以上で汗で落ちるのを防ぐ防水のものがいいです。

よくSPFは50以上のものも売ってますが、日焼け止めクリームは徐々に落ちていくので、こまめに塗り直す必要がありますので、30-35あたりでも十分です。

そして、持ち歩けるものを買って外にいるときには2時間おきに塗った方がいいです。 続きを読む