大人のニキビは老化のしるし?!

一般的には、ニキビの原因は皮脂の出すぎや肌のお手入れ不足だと言われまが、「ニキビの原因は体内の炎症が原因である」と主張する2011年の論文(ソース)が興味深いです。

本当は腸の不調がニキビの原因だということです。

消化器系の不調がニキビの原因

これはニューヨーク州立大の論文で、過去70年のデータをもとに、体内の炎症とニキビの関係を分析したものです。

ポイントは、

  • ニキビに悩む人には、便秘や口臭、逆流性食道炎といった消化器系の病気も多い。
  • 胃酸の分泌が少ない人ほどニキビが多くなる傾向がある。胃酸が少ないと腸内で悪性のバクテリアが増殖し、リーキーガット(腸に細かな穴が開く現象)を引き起こす。
  • リーキーガットが悪化するほどニキビはひどくなっていく。
  • ロシアで行われた研究によれば、ニキビ患者の54%に腸内フローラの異常がみられた。
  • 西洋スタイルの食事は食物繊維が少ないため、腸内の善玉菌が減ってしまい、その結果としてニキビが起きやすくなる。
  • プロバイオティクスにはインスリン抵抗性とニキビを治す効果がある。

となっています。

万病の元リーキーガットって何?

ニキビは体内で老化が進んでいる兆候

以上のことから、ニキビがどうやってできるかと言うと、

  1. 砂糖や脂肪が多くて食物繊維が少ない加工食品を食べる
  2. 腸内で悪性のバクテリアが繁殖
  3. リーキーガットが発生して体内に毒素が流れだす
  4. 全身に慢性的な炎症が起き、同時に酸化ストレスとインスリン抵抗性が増える
  5. 体のストレスに反応して皮脂の分泌が上がる
  6. ニキビができる

という流れになっています。

慢性炎症と酸化ストレスとインスリン抵抗性は全身の劣化を速める3大要素なので、大人のニキビは体内で老化が進行している兆候と言えます。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

ニキビを止めるには炎症と腸内環境を同時に対策

この悪循環から来る慢性炎症を改善するには、体内の炎症を最低限に抑えながら、腸内環境を改善していくのが良いです。

慢性炎症の対策としては、やはり食事からですから、抗炎症効果の高い食品を摂っていくのが一番です。

アンチエイジングに良い食品10選

また、同時に腸内環境の改善については、以下の記事を参照してみてください。

微生物と上手くやっていこう!

とにかく、ニキビができたら体内で老化が進んでいる可能性があるので、早めの対処をおすすめします。

ビタミンB12が、肌荒れ、ニキビの真の原因?!

「牛乳でニキビが起きる」という話をよく聞きます。

牛乳の乳糖やタンパクが体でうまく消化されず、それが肌の炎症につながるという話です。

ところが、2015年にUCLAが「ニキビや吹き出物の原因はビタミンB12である」という論文(ソース)を出してて興味深いです。

ビタミンB12は肉類や乳製品にふくまれる成分で、不足すると神経系の発達がじゃまされてメンタルや集中力が悪化してしまいます。かなり重要なビタミンの1つです。

この実験では、まず参加者の肌からバクテリアを採取して、それぞれの遺伝子を解析しました。

すると、肌トラブルが多い参加者ほどバクテリアのビタミンB12を代謝する能力が低く、ポルフィリンという炎症物質を生み出しやすかったらしいです。

人間の皮膚には無数のバクテリアが住み着いてまして、お肌の健康を守ってくれております。つまり、イキイキとした美肌を手に入れるには、肌バクテリアとの共生が必要です。

健康的な美肌のために肌バクテリアを養成するには?

さらに参加者たちに ビタミンB12のサプリを飲んでもらったところ、全員のバクテリアの遺伝子に変化が発生しました。

健康な肌を持つ人のバクテリアも、ニキビができやすい人のバクテリアに近づいていったのです。

つまり、

  1. 乳製品や肉で体内のビタミンB12が増える
  2. ビタミンB12が肌バクテリアの遺伝子を変える
  3. 肌バクテリアが炎症物質を出す
  4. 肌荒れ発生!

という流れです。研究者によれば、

” 今回の実験により、ビタミンB12が肌バクテリアの遺伝子を変え、代謝の能力に異変を起こすことがわかった。

その結果、肌に炎症を起こすポルフィリンの分泌が増え、ニキビや吹き出物の原因となる。”

ということです。これまでは、ニキビや吹き出物は脂肪のとり過ぎが原因とも言われてきたんですが、本当は肌バクテリアの問題だったということですね。

いまニキビや吹き出物に悩んでる人は、

といった点が基本的な対策になりそうです。

カロリーの質が高いたんぱく質とは?

といっても、ビタミンB12不足も良くないので、必要なタンパク質量を満たすまではちゃんとお肉を食べたほうがいいとは思います。( 1日のたんぱく質量(g)は体重(kg) × 1.6が目安 )