ビタミンB6 とB12のサプリで骨折が増える!

ビタミンB12が不足すると血管が老けたり、脳の機能に悪影響を及ぼしたりするという記事を昨日書きましたが、サプリでそれを補おうとすると別のリスクがあるので注意が必要です。

健康に暮らすためにビタミンB群が大事なのは確実ですが、ビタミンBサプリで発がんリスクが上がるかも?」というデータが出ています。

ビタミンBサプリはとりすぎるとガンになる。

これらのデータは確定的ではないものの、リスクをおしてまでサプリを使うよりは食事から補ったほうがいいのでは?というのが今のところの結論です。

で、2019年に出たデータ(ソース)もビタミンBのサプリに不利な結果が出てました。

それは、ビタミンB6と12のサプリで骨折が増える!ということで怖いですね。

これは 7万5804人の更年期後の女性を対象にした研究で、NHSっていう有名なデータセットを使ったものです。

1984年から2014年にかけて全員の食事やサプリの使用状況を調べて、腰部骨折との関係を調べた内容です。

20年のあいだに起きた骨折は2304件で、結果は、

  • ビタミンB6をたくさん飲んでる人は、飲まない人に比べて41%も骨折が多い
  • ビタミンB12をたくさん飲んでる人は、飲まない人に比べて26%も骨折が多い

ということでかなりの上昇率です。

全体的に自己申告のデータを使ってるのでバイアスの可能性はありますが、サンプルサイズは大きいし、かなりはっきりした差も出てるので十分参考になります。

では、続けて「どれぐらい飲むと危険なのか?」というと、

ビタミンB6の場合

    • 1日2mgより下で骨折リスクは37%増
    • 1日2-4.9mg以下で骨折リスクは31%増
    • 1日5-24.9mg以下で骨折リスクは44%増
    • 1日25mg以上で骨折リスクは41%増

ビタミンB12の場合

    • 1日2mgより下で骨折リスクは6%増
    • 1日2-4.9mg以下で骨折リスクは10%増
    • 1日5-24.9mg以下で骨折リスクは16%増
    • 1日25mg以上で骨折リスクは26%増

となってます。

ビタミンB系のサプリは普通に1日分が50mgぐらい入っているので、毎日飲み続けてたら結構危険かもしれません。

さらに、ビタミンB6と12を一緒に飲むとさらに骨折リスクは上がって、

  • B6を大量に飲んでB12をそこそこ飲んでる人は骨折リスクが17%上がる
  • B6をそこそこ飲んでB12を大量に飲んでる人は骨折リスクが31%上がる
  • B6とB12を大量に飲んでる人は骨折リスクが47%上がる

という数字が出ています。

これで「ビタミンB6と12で骨折する」とは言えないのですが、研究チームによれば、

” 先行研究では、ビタミンB6がエストロゲンに働きかけるせいで、骨密度が低下する可能性が指摘されている。

一方でビタミンB12と骨折を結びつけるメカニズムはよくわからない。”

ということで、まだまだ分からないことは多いものの、やっぱビタミンB系のサプリは摂らずにできるだけ食べ物から必要なだけ摂りたいところです。

ビタミンB12が、肌荒れ、ニキビの真の原因?!

「牛乳でニキビが起きる」という話をよく聞きます。

牛乳の乳糖やタンパクが体でうまく消化されず、それが肌の炎症につながるという話です。

ところが、2015年にUCLAが「ニキビや吹き出物の原因はビタミンB12である」という論文(ソース)を出してて興味深いです。

ビタミンB12は肉類や乳製品にふくまれる成分で、不足すると神経系の発達がじゃまされてメンタルや集中力が悪化してしまいます。かなり重要なビタミンの1つです。

この実験では、まず参加者の肌からバクテリアを採取して、それぞれの遺伝子を解析しました。

すると、肌トラブルが多い参加者ほどバクテリアのビタミンB12を代謝する能力が低く、ポルフィリンという炎症物質を生み出しやすかったらしいです。

人間の皮膚には無数のバクテリアが住み着いてまして、お肌の健康を守ってくれております。つまり、イキイキとした美肌を手に入れるには、肌バクテリアとの共生が必要です。

健康的な美肌のために肌バクテリアを養成するには?

さらに参加者たちに ビタミンB12のサプリを飲んでもらったところ、全員のバクテリアの遺伝子に変化が発生しました。

健康な肌を持つ人のバクテリアも、ニキビができやすい人のバクテリアに近づいていったのです。

つまり、

  1. 乳製品や肉で体内のビタミンB12が増える
  2. ビタミンB12が肌バクテリアの遺伝子を変える
  3. 肌バクテリアが炎症物質を出す
  4. 肌荒れ発生!

という流れです。研究者によれば、

” 今回の実験により、ビタミンB12が肌バクテリアの遺伝子を変え、代謝の能力に異変を起こすことがわかった。

その結果、肌に炎症を起こすポルフィリンの分泌が増え、ニキビや吹き出物の原因となる。”

ということです。これまでは、ニキビや吹き出物は脂肪のとり過ぎが原因とも言われてきたんですが、本当は肌バクテリアの問題だったということですね。

いまニキビや吹き出物に悩んでる人は、

といった点が基本的な対策になりそうです。

カロリーの質が高いたんぱく質とは?

といっても、ビタミンB12不足も良くないので、必要なタンパク質量を満たすまではちゃんとお肉を食べたほうがいいとは思います。( 1日のたんぱく質量(g)は体重(kg) × 1.6が目安 )

ビタミンBサプリはとりすぎるとガンになる。

取りすぎるぐらいなら取らない方がいい。それがビタミンBのサプリです。

2つの研究結果がビタミンBサプリを取ることでガンの発生が多くなったことを示してます。

1.ビタミンB12と葉酸をとって大腸がんになる。

2.ビタミンB6とB12をとって肺がんになる。

1.ビタミンB12と葉酸をとって大腸がんになる。

背景: 葉酸とビタミンB12 は葉酸代謝とメチオニン代謝を含む代謝経路 (One carbon metabolism)に重要な役割を果たしています。この役割を邪魔することでガンのリスクが高まるのではないかと考えられています。

方法: 2524人を対象に実験を行いました。 毎日葉酸を400mcgとビタミンB12を500mcgを取ってもらったグループとそうでないグループに分かれ、2-3年の影響を調べました。

結果: ガンにかかった人は171人(飲んでなかった人達は143人)。特にビタミンBは大腸がんの発生にかなり関与していることが分かりました。大腸がんにかかった人は43人(飲んでなかった人たちは25人) 続きを読む