失敗にへこたれやすい人ってどんな性格なの?

人生には色々失敗があることが多いですが、これに気持ちが負けてやる気がなくなる人と、失敗を糧にして再出発できる人はどう違うのでしょうか?

エクス・マルセイユ大学などから(ソース)、「失敗にへこたれやすい人ってどんな性格なの?」を調べたデータが出ていて参考になると思います。

フランスの男女80人(年齢18〜61歳)が研究の対象で、調査が行われた4週間の間に「どのような求職活動をして、それが失敗に終わったかどうか?」を尋ねました。

さらにみんなの自己効力感(就職面接に受かるかどうかの自信)と、

ビッグファイブ(

開放性=知的好奇心、

誠実性=まじめさ、

外向性=社交的、

調和性=やさしさ、

神経症傾向=不安や緊張)

も調べてみたところ、結果は以下のようになりました。

続きを読む

正しいゴールを設定すると人間の性格は変えられる!

性格って変わりにくい」というのが心理学の定説で、人間のパーソナリティは生涯を通してかなり固定されてるようです。

だからと言って性格が全く不変なわけでもなく、歳を取ると性格が丸くなりやすいのは有名です(ソース)。

基本は変わりにくいですが、ある程度までなら変化もあり得るわけです(ソース)。

2020年に出た研究(ソース)は、「人生で目指すゴールに沿って人間の性格は変わる」という結果になっています。

これは500人ほどの男女を20年間追いかけた観察研究で、全員が大学生のころから調査を始めています。

それぞれのビッグファイブを定期的にチェックし、20年間に参加者がどんな目標をもちながら、人生を過ごしてきたかを調べました。

続きを読む

性格が最も正確に分かる10の質問とは?

自分や相手の性格を簡単に判断する方法があります。

たった10の質問で性格を見抜けるショートビッグファイブテストと言われているものです。

これはビッグファイブ性格診断などとも言われ、「人の性格は5つの因子の組み合わせである」という『ビッグファイブ理論』に基づいた性格診断のことです。

ビッグファイブテストは人間の性格を5つの指標で分析します。

開放性:新しいものに対する興味や好奇心

誠実性:物事をコツコツと真面目に続ける力

外向性:初対面の人とどれぐらい社交的に接することができるか

協調性:周りに合わせる力

神経症的傾向:不安や緊張をどれくらいしやすいか

このビッグファイブテストは、心理学者たちが現状で最も支持している性格分析で、古くからたくさんの実験でその正確性についても実証されています。 続きを読む