緑の野菜は筋肉の成長にも欠かせない!

緑の野菜は体にいいと言いますが、2019年に出たエディスコーワン大学の実験(ソース)では、緑の野菜を食べる人ほど筋肉の機能が優れている!という結果が出ています。

カロリーの質が高い食品、低糖質な野菜とは?

具体的には、

  1. 12年間におよぶ健康調査のデータから3759人のオーストラリア人を選ぶ
  2. 硝酸塩の摂取量と筋肉の関係性を調べる

などとなってます。

硝酸塩は体内で一酸化窒素に変わる成分で血管を広げてくれる働きがあり、ほうれん草などの緑の野菜に多くふくまれています。

またビーツにも多く含まれています。

硝酸塩が運動のパフォーマンスアップに効くことは知られていますが、これが筋肉の発達にも効くのではないか?と研究チームは考えたわけです。

すると、やはり硝酸塩の摂取量と筋肉にははっきりした違いがでて、

硝酸塩の摂取量が多い人は、少ない人に比べて下半身の筋力が11%高く、歩行速度も最大で4%速かった

だったそうです。

続きを読む

健康食材ビーツで運動能力は上がるのか?

ビーツはボルシチやサラダ、ジュースに使われる真っ赤な野菜で、この色の素であるベタシアニンやらミネラルが豊富で、非常に優秀な野菜です。

注目するのはビーツによる運動のパフォーマンスアップ効果です。分かってるのは、

ビーツジュースで筋力とパワーが上がる(ソース

IOCが推奨するパーフォマンスをあげるサプリに一酸化窒素を生むビーツルートパウダー(ソース

などです。

ビーツには硝酸塩って成分が多くふくまれていて、これが一酸化窒素を生み出して血管を広げてくれる(ソース)と考えられています。

ランニングの世界などでもビーツが流行ってて、特にパウダー系とジュース系の伸びがすごいらしいです。

続きを読む