フィルターで飲むとコーヒーの健康効果がアップ!

コーヒーは体にいいという記事は以前にも書きましたが、2020年に出た論文では、コーヒーの淹れ方で健康効果が異なるという結果がでて面白いです。(ソース)

コーヒーはアンチエイジングに良い!

これは20歳から79歳の男女50万8747人を対象にした観察研究で、1985年から2003年をかけて以下のポイントを調べてます。

  1. いつもどんなコーヒーをどのような飲み方で飲んでいるか?
  2. 1日のコーヒー摂取量はどれぐらいか?
  3. 運動習慣や健康レベルはどれぐらいか?

調査期間のあいだに命を落としたのは4万6341人で、そのうち1万2621人が心疾患だったということです。

その後、すべてのデータをまとめると、以下の結果になりました。

  • 参加者の59%がフィルターで入れたコーヒーを好み、20%が無濾過のコーヒーを好み、9%がフィルター使用と無濾過コーヒー両方を飲み、12%はコーヒーを飲んでいなかった

  • コーヒーを飲まないグループよりも、コーヒーを飲んだグループの方が総死亡率は15%低かった
  • 男性も女性も、コーヒーを飲まないグループと比べて、フィルターでいれたコーヒーを飲む人ほど総死亡率が低かった(総死亡率:HR 0.85)
  • 60歳以上の男性の場合、コーヒーを飲まない人に比べて、フィルターを使わずにコーヒーを飲んでいる人は心疾患による死亡率が高かった(調整済みHR:1.19)。逆に、フィルターでいれたコーヒーを飲んでいる場合は総死亡率が低かった
  • 60歳以上の女性の場合も、フィルターで入れたコーヒーを飲む人ほど心疾患の死亡率と総死亡率が低かった
  • フィルターを使ったコーヒーを1日1~4杯飲む人は、もっとも死亡率が低かった

これらの結果は、もちろん参加者の運動習慣、学歴、コレステロール値などは調整されています。

つまり、今回の結果を簡単にまとめると、

フィルターでろ過したコーヒーを1日1〜4杯の範囲で飲むと良い!

ということになります。

逆に、まったくフィルターを使わないと、健康には逆効果な可能性もあるので注意が必要かもしれません。

それは、コーヒーに入ってるカーウェオールとカフェストールという成分には、総コレステロールとLDLコレステロール(悪玉)を増やす働きがあるからです。

そのせいで、コーヒーを飲み過ぎると心疾患のリスクが高まるかもしれないわけです。

ですが、ここでフィルターを使うと話が変わって、カーウェオールとカフェストールをかなりのレベルまで取り除けるそうです。

フィルターを使ったコーヒーと無ろ過コーヒーをくらべた場合、その違いは20〜30倍にもなるそうで、結構な違いですね。フレンチプレス派は、気を付けた方がよさそうです。

今回の実験を見る限り、無ろ過のコーヒーを飲む人が、コーヒーを飲まない人より総死亡率が高くなるわけでもないので、フレンチプレス派の方もそこまで気にする必要はないかもしれません。

今回の結果は、「フィルターを使ったコーヒーは、さらに健康効果がアップする」ということになります。