フェイクニュースを信じた人を説得するのはほぼ無理!

アメリカ大統領選でもフェイクニュースがネット上出回ってますが、にせの情報を信じている人の考えを変えるにはどうすればいいのかという点を調べた論文(ソース)が2017年に出ています。

これはイリノイ大学の研究で、1994年から2015年のあいだに出た「間違った情報を信じ込んでいる人を正す方法はあるのか?」に関する論文から質が高い 6878人分のデータをまとめたメタ分析になっていて、信頼性は結構高めです。

思い込みを完全に修正するのはほぼ不可能

多くの実験では、

  1. 参加者にあえて間違った情報を読ませる(「オバマの医療改革は老人を殺す陰謀だ」など)
  2. そのうえで、参加者に新しい情報を伝えたり、感情に訴えてニセ情報を信じないようお願いしたりと、いろいろ試す

という手順で「他人の思い込みを解く方法」について調べています。

その結果、わかったことは、

” 誤情報の影響は非常に強い。一般的に、ある程度の思い込みを正すことはできるが、完全に修正するのはほぼ不可能だ。”

ということでかなりの負けムードです。

続きを読む

知能が低い人はテレビや週刊誌をうのみにしやすい!

インターネット上もテレビなどのマスコミにも色々な情報が溢れています。

科学的に証明されているといっても100%正しい訳ではありません。

科学は実験をもとに統計処理をして、特にメタ分析は過去の研究結果の研究なので信頼はありますが、やはりそれが全てということではないと思います。

科学的な研究で導かれた結論でも100%でないのに、ましてやテレビなどのマスコミで流される情報はどれだけの信頼度があるのか、分かりますよね。

テレビ等のマスコミが流す情報は信頼できない。

テレビにしても週刊誌などの雑誌にしても広告主であるスポンサーがいますので、スポンサーの都合の悪い事実はまず公になることはありません。

でもその情報を鵜呑みにしてしまう人達はいます。

ネット上の情報で自分で調べたりしない、或いはできない人達かもしれません。

そういう意味ではネットで調べることに疎いある年齢層の人達である可能性が高いです。

むしろ若い世代だと口コミなどをチェックしたり自然と自分で判断する傾向があるのではないでしょうか。

知能が低いと妄信して考えを変えられない。

続きを読む