ブルーベリーで記憶力がアップ!

ブルーベリーは年中スーパーで売っているので、必ず朝の果物と野菜ジュースに入れています。さらに、マンゴーとブルーベリーのスムージーを作る時は冷凍を使っていて私の常備食の一つです。

一袋(140グラム)を食べても70kcalぐらいで、糖質も低いので、ダイエットはもちろん糖質制限ダイエットでも大丈夫なデザートです。

さらにブルーベリーの効果について調べると、「ブルーベリーは長期記憶をアップさせる」(ソース)という研究があります。

これは、ペニンシュラ大学が12週間にわたってブルーベリーを食べさせる実験をしたら、BDNFという脳の成長因子が増えたという結果が出ています。

BDNFは「脳を鍛えるには運動しかない!」でもメインに取り上げられた脳神経や機能の発達をうながすタンパク質で、運動すると、これが脳のなかで盛んに分泌されて、神経の働きをよくしてくれます。

頭を良くする物質BDNFの量を増やすためにどんな運動が必要なの?

運動だけでなく、ブルーベリーにも同じ機能があるというわけです。

また、2012年にはさらに大規模な調査(ソース)が行われ、70代以上の女性に、週に2回ずつブルーベリーを食べてもらったところ、記憶力の衰えるペースが遅くなったとのことです。

その理由は明確ではないのですが、もともとフラボノイドが多い果物であることは知られているので、これが脳のバリアを通り抜けてニューロンを強くしてる可能性が高いらしいです。

アボカドとならんでアンチエイジングフルーツのベストと言えますね。

体を最適なレベルの抗酸化物質で満たす食材は?

ブルーベリーは抗酸化作用があるアントシアニンが豊富なのでアンチエイジング的にも最高です。