アーモンドミルクは健康的は本当か?!

アーモンドミルクは、アーモンドから作られたミルクのことです。アーモンドミルクのメリットはどんなものがあるのでしょうか?

 アーモンドミルクには、以下のような健康成分が含まれています。

    • ビタミンE:抗酸化成分で、お肌にいいとされていますよね。全身の酸化ダメージを減らす効果に関しては、かなりのレベルで実証されています(ソース1,ソース2)。
    • マグネシウム:不足すると体内の酸化が進むため、アンチエイジング的に補給が必須な栄養素です(ソース)。
    • プレバイオティクス:腸内細菌の活動を助ける働きをする成分です。特にアーモンドにふくまれるプレバイオティクスは、腸内の善玉菌のエサになって、美容の助けになることが分かっています(ソース)。
    • 各種ポリフェノール:アーモンドのポリフェノールには、悪玉コレステロールの酸化を防ぐ作用があって(ソース)、美容に非常に良いです。

このメリットだけ見ているとアーモンドミルクは素晴らしいそうです。ですが、市販のアーモンドミルクには難点があります。

せっかくの栄養素が抜けてしまう

難点の1つめが、上にあげた健康成分の多くが、アーモンドの皮に含まれているということです。

ビタミンEやマグネシウムは問題ありませんが、プレバイオティクスやポリフェノールに関しては皮のほうが豊富なのです(ソース)。

市販のアーモンドミルクは、ほとんどが皮を取り去った状態で作られているので、それなら普通にアーモンドを食べたほうがいいのではないか、ということです。

オメガ6の酸化

アーモンドには意外と大量のオメガ6(リノール酸)がふくまれております(ソース)。オメガ6は体内の炎症や老化を促進する成分で、決してアンチエイジングにはよくないです。

もっとも、アーモンドには大量のビタミンEがふくまれているので、オメガ6のダメージに関してはそこまで心配する必要はありません。

ただし、これがアーモンドミルクになると話が変わってきます。

というのも、アーモンドのリノール酸は熱に弱い性質があるので、加熱すると一気に酸化が進んでしまいます。

市販のアーモンドミルクの製造過程は分かりませんが、普通に考えれば高温で殺菌処理をしているでしょうから(ソース)、かなり脂質の酸化が進んでいるのではないかと考えられます。

その他の添加物

市販のアーモンドミルクには、結構な量の添加物がふくまれていたりします。

砂糖が体によくないのはもちろんのこと、増粘剤としてカラギーナンが入ってたりします。

カラギーナンには消化器官の炎症を起こす作用があって(ソース)、リーキーガットの原因となる可能性もあるので、美容にはあまり良くない成分の1つです。

以上のように、アーモンドミルクに関してメリットとデメリットを見てみました。

基本的にアーモンドは健康成分が多いので、もちろんアーモンドミルクも美容と健康には良い飲み物だと言えます。

ですが、市販の製品には酸化や添加物の問題が出てくるので、どうしても飲みたいなら自分で皮ごと作るのがベストのようです。

やはり、アーモンドそのものを食べるのが一番簡単かもしれません。