CPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュで新型コロナを予防!

つい最近発表されたカーディフ大学の研究によると、最低でも0.07%のCPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュを使う事で、30秒で新型コロナを口内から殺菌できるという結果が出ています。(ソース

CPCは強い殺菌、抗カビ作用をもったカチオン界面活性剤で、マウスウォッシュなどに使用されています。

歯周治療専門医であるクレイドン医師によると、

“ このポジティブな結果がカーディフ大学の臨床試験を反映したものであるなら、CPCを含むマウスウォッシュは新型コロナを予防するための人々の手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなどのルーティンに加えられる重要なものになるだろう。”

ということです。

今後マスクや手洗いに加え、CPCを含むマウスウォッシュで口内をゆすぐことも予防するのに必要になってくるということですね。

この研究によれば、CPCが最低でも0.07%含むマウスウォッシュで研究室で新型コロナの菌にさらされた際、菌を根絶できる兆候を示すことができたと言えます。

まだこの研究は同僚からのレヴューをされてませんが、別の研究によると、やはりCPCを含むマウスウォッシュがウィルスの量を減らすのに効果的だということが分かっています。

この研究者によれば、

” 歯周病に効く一般に出回っているマウスウォッシュは新型コロナの菌を不活性にすることができる。

これは口内や鼻腔を試験管で似せた環境の研究室でテストしていて、この研究結果は新興文学に追加できるといってもいいだろう。”

とのことです。

実際にカーディフの病院の新型コロナ患者の唾液に存在する菌のレベルを減らせるかどうかの臨床試験は来年にも出る予定になっています。

研究室での良い実験結果が実際の患者でどういう効果が出るのかまだ分かりませんが、とりあえず、外から帰ってきたら手洗いはもちろん、CPCを含むマウスウォッシュで口もゆすぐという習慣を付け加えてもいいのではないでしょうか。

マウスウォッシュが良い菌を殺し糖尿病リスクがアップ!

2017年に「マウスウォッシュで寿命が縮むかも!」という怖いデータ(ソース)が出ています。

口臭予防、歯肉炎予防でマウスウォッシュを使ってる人も多いでしょうが、マウスウォッシュのせいで糖尿のリスクがあがるという結果がでています。

これはハーバード大学の論文で、太りぎみの男女1206人を対象にした観察研究です。

年齢は40〜65才で、糖尿病や心疾患にはかかってない人だけを対象にしています。

マウスウォッシュで糖尿病リスクが55%増加

この研究は、

  1. 研究のスタート時に、みんなどれだけマウスウォッシュを使ってるかをチェック
  2. 3年後にどうなったかを調べる

という感じです。

これで、マウスウォッシュを使ってる人と使ってない人の違いがわかるわけですね。

結果は、

マウスウォッシュを使わない人にくらべて、マウスウォッシュを1日に2回以上使う人は、糖尿病の発症リスクが55%あがる

ということでした。

この数値は、食事、歯磨きの回数、睡眠の質、処方薬の有無、空腹時血糖値、年収などの要素を調整した後に出たものです。

マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬ

どうしてこんなダメージが出たかというと、「マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬから」です。

研究者によれば、

” 口のなかには大量のバクテリアが住み着いている。

このバクテリアは硝酸塩を亜硝酸塩に代謝する働きを持つ。

口のなかで生まれた亜硝酸塩は消化器官へ送り込まれ、一酸化窒素に変換される。”

とのことです。

一酸化窒素は重要な働きを持つ物質で、代謝をコントロールしたり、血流をアップさせたりなどの働きをしています。

さらに、一酸化窒素は体内のインスリンレベルも調整していて、一酸化窒素のバランスが崩れれば、糖尿病の発症につながるというわけです。

流れは、

  1. マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬ
  2. 口の中で亜硝酸塩が作られなくなる
  3. 体内の一酸化窒素レベルが減少
  4. インスリンの分泌が悪化
  5. 糖尿病が発症

という感じです。

口の健康が大きく影響しているわけですね。

口内細菌は肥満の予防

ちなみに、2017年2月に出た論文(ソース)によれば、「口の中の良い菌は糖尿病や肥満から守ってくれる働きがある」とのことです。

腸内細菌をケアするのは大事なのはもちろん、口内細菌も注意してあげる必要がありそうです。

微生物と上手くやっていこう!

” マウスウォッシュにふくまれる抗菌剤には、良い菌と悪い菌を区別する能力はない。

特定のバクテリアを狙い撃ちするのではなく、口の中の菌を手当たりしだいに殺していく。”

ということで、やはり無闇にマウスウォッシュを使わないほうが良いようですね。

ココナッツオイルでマウスウォッシュをするというのも代替案かもしれません。

ココナッツオイルでマウスウォッシュ

ココナッツオイルでマウスウォッシュ

ココナッツオイルを使った口内洗浄ってどうなのでしょうか?

ココナッツオイルが口内洗浄にいいわけ

調べてみると、どうもこの手法には科学的な根拠がちゃんとあります

ざっくり説明すると、虫歯の原因となる口内に巣食うミュータンス菌をオイルがからめとって、歯の表面に菌膜( 微生物が固相表面に形成した集合体:歯垢はその典型例)ができるのを防止して、結果的に歯垢ができにくくなるということです

実際の研究成果は、2008年の論文によれば、2週間ほどのオイル・マウスウォッシュで、口内のミュータンス菌が激減していたり(ソース)、

歯肉炎の予防にもなったり(ソース)、

市販のマウスウォッシュよりも口臭を抑えたなんて話もあります(ソース)。 続きを読む