CPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュで新型コロナを予防!

つい最近発表されたカーディフ大学の研究によると、最低でも0.07%のCPC(塩化セチルピリジニウム)を含むマウスウォッシュを使う事で、30秒で新型コロナを口内から殺菌できるという結果が出ています。(ソース

CPCは強い殺菌、抗カビ作用をもったカチオン界面活性剤で、マウスウォッシュなどに使用されています。

歯周治療専門医であるクレイドン医師によると、

“ このポジティブな結果がカーディフ大学の臨床試験を反映したものであるなら、CPCを含むマウスウォッシュは新型コロナを予防するための人々の手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなどのルーティンに加えられる重要なものになるだろう。”

ということです。

続きを読む

マウスウォッシュが良い菌を殺し糖尿病リスクがアップ!

2017年に「マウスウォッシュで寿命が縮むかも!」という怖いデータ(ソース)が出ています。

口臭予防、歯肉炎予防でマウスウォッシュを使ってる人も多いでしょうが、マウスウォッシュのせいで糖尿のリスクがあがるという結果がでています。

これはハーバード大学の論文で、太りぎみの男女1206人を対象にした観察研究です。

年齢は40〜65才で、糖尿病や心疾患にはかかってない人だけを対象にしています。

マウスウォッシュで糖尿病リスクが55%増加

この研究は、

  1. 研究のスタート時に、みんなどれだけマウスウォッシュを使ってるかをチェック
  2. 3年後にどうなったかを調べる

という感じです。

これで、マウスウォッシュを使ってる人と使ってない人の違いがわかるわけですね。

結果は、

マウスウォッシュを使わない人にくらべて、マウスウォッシュを1日に2回以上使う人は、糖尿病の発症リスクが55%あがる

ということでした。

続きを読む

ココナッツオイルでマウスウォッシュ!

ココナッツオイルを使った口内洗浄ってどうなのでしょうか?

ココナッツオイルが口内洗浄にいいわけ

調べてみると、どうもこの手法には科学的な根拠がちゃんとあります

ざっくり説明すると、虫歯の原因となる口内に巣食うミュータンス菌をオイルがからめとって、歯の表面に菌膜( 微生物が固相表面に形成した集合体:歯垢はその典型例)ができるのを防止して、結果的に歯垢ができにくくなるということです

実際の研究成果は、2008年の論文によれば、2週間ほどのオイル・マウスウォッシュで、口内のミュータンス菌が激減していたり(ソース)、

歯肉炎の予防にもなったり(ソース)、

市販のマウスウォッシュよりも口臭を抑えたなんて話もあります(ソース)。 続きを読む