いつも文句ばかり言ってる人はどんな心理なの?

文句ばかり言ってると嫌われる!というのは世の真理で、すぐ愚痴をこぼす人や常に不満を漏らす人からは、いつの間にか誰もいなくなってしまうのは当たり前な感じです。

俗に「嫌悪強化」と言われる現象です。

ですから、嫌われ者にならずに心穏やかに過ごしたいなら、文句ばかり言う性質は修正したほうが良いわけです。

2021年に出た研究(ソース)は「そもそも文句ばかり言う傾向はどうして生まれるのか?」というポイントを深掘りしてくれてて役に立つと思います。

これはアラバマ大学などの調査で、実験の内容は、

  1. 110人の大学生(平均年齢20歳、90%が女性)を集めて、毎日朝8時と夜8時にアンケートを実施
  2. 参加者がどれぐらいストレスを感じているか? その日に体験しそうなストレスのレベルはどれぐらいだと思うか? などを1週間調べる

となっています。

要するに、朝目が覚めて「今日はこんなトラブルがあるのだろう?」と思う気持ちが、その日の気分や実際のストレス度を左右するのではないか?と研究チームは考えたわけです。

実験の結果は、

  • 「今日はこんな1日になりそうだ」という朝の予測が、その日の夜の幸福度と大きく関係していた。朝の予測が外れて、日中のストレスが予想よりも大きかった人は、1日の終わりに気分や体調が悪くなった
  • 朝に予測したストレスと幸福度の関係には、レジリエンス(ストレスからの回復能力)も影響していた。レジリエンスが高い人は、その日に待ち受けているストレスを過大評価する傾向があったが、同時に「自分はそのストレスをちゃんと対処できる」と判断しており、その結果として思ったよりストレスの影響を受けなかった
  • 朝のストレス予想が外れ、レジリエンスがない人ほど不平不満を言いやすい

となっています。

続きを読む

思ったほど時間は心の傷を癒やしてくれない!

「心の傷は時間がたてば癒える」とよく言われていますね。

これは多くの研究でも確認されていて、どんなに辛いことがあっても、大抵の人は時間とともに回復していくということです。

近ごろは「レジリエンス」(折れない心)とも呼ばれています。

が、2016年に出た論文(ソース)では、「時間が経ってもメンタルが回復しない人もいる」という結果が出ています。

これはアリゾナ州立大の研究で、5万人分の社会調査データを統計処理したものです。

研究者によれば、これまでのレジリエンス研究は統計モデルに不備があったということです。

具体的にいうと、従来の研究ではデータを以下のよう分けていました。

  1. レジリエンスが高いグループ:心の回復力が高く、みな同じようなペースで心の傷が治っていく
  2. レジリエンスが低いグループ:心の回復力が低く、みな同じようなペースで心の傷の治りが遅い

しかし、当然ながらレジリエンスが高いグループのなかでも、心の傷が癒えるペースは大幅に違うわけです。

続きを読む

嫌なことは徹底的に考えるとストレスが減る!

嫌なこと、職場で嫌味を言われたとか、パートナーと喧嘩したとかあった時、皆さんはどうしますか?

私もそうですが、速攻忘れるようにしますよね。

嫌なことは徹底的に考えたほうがストレスが減る!」という研究実験(ソース)があって面白い結果が出ています。

これはエクスター大学の実験で、約50名の男女を対象にしています。最近「対人関係のストレス」が起きた人ばかりを選んでいます。

例えば、妻と大げんかしたとか、上司と険悪になったとか、そういったトラブルです。

トラブルの様子を徹底的に思い出す

参加者に何をしてもらったかというと、

トラブルの様子を事細かに思い出してください

とお願いしました。例えば、「友人との口論」だったら、

どのように口論が始まったのか?
そのとき自分は何を考えたのか?
正確にどんな言葉が飛び交ったか?
声の調子はどうだったか?

ぐらい、徹底的に細部にわたって思い出すトレーニングを6週間ほど続けました。 続きを読む