レム睡眠が減ると早死にしやすくなる?

レム睡眠が少ない中高年は死亡率が高い!」というデータ(ソース)が出ています。

レム睡眠が減ると死亡率が上昇する?

ご存じのとおり、レム睡眠は眠ってるあいだに急速な眼球運動が起きる状態で、この時は多くの人が「夢」を身がちです。だいたい90分周期で発生すると言われています。

今回のデータはスタンフォード大学の研究で、高齢男性2675人を10年以上も追跡調査した観察研究になっています。 その結論をまとめると、

  • レム睡眠が5%減るごとに、死亡率が13%から17%上昇する
  • この傾向は、20年以上追跡調査を行った中高年の男女1375人の別のグループでも確認された
  • 数ある睡眠のステージのなかでも、レム睡眠がもっとも健康レベルと関係している
  • がんの死亡率についてはレム睡眠と有意な相関はなかった

となっています。

続きを読む

寝てる間に勉強することは可能なの?

寝てるあいだに勉強できたらいいな」とは誰もが一度は思うことですが、「睡眠学習は可能かも?」と思わせる論文(ソース)があります。

これは2017年パリのPSLリサーチ大学の実験で、20人の男女に脳波計をつけてもらって、ラボで寝てもらいました。その際に、2パターンで実験用の音声を流しました。

  1. レム睡眠時に音を流す
  2. 睡眠が深いときに音を流す

レム睡眠は眠りが浅い状態で、脳は活動した状態なのでいろんな夢を見たりします。

大人だとだいたい全体の睡眠の2割ぐらいがレム睡眠と言われてます。

その役割はまだよく分かってませんが、一説には、記憶力を定着させる働きをしてると考えられています。

その日にあったことや勉強したことを、レム睡眠時に処理してるという説です。

実際、レム睡眠時に起こされた人は、前日に覚えたことを忘れてしまうというデータ(ソース)もあって、ありそうな話です。

で、今回のPSL大学の実験でも、やはり結果は「レム睡眠は記憶の定着」説を支持しています。

レム睡眠時に音を聞いた参加者は、翌日のテストで特定の音声パターンを認識する確率が高かったそうです。

続きを読む