あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

炎症は万病のもと

炎症は、体に異変が起きたときに、免疫が自分を守ろうとする働きのことです。

火傷をしたところ腫れ上がったり、切り傷が赤くなったりするのは、体が治療のために戦っている証拠で、普通だとありがたい現象です。

ただし、火傷や切り傷のような短時間の炎症ならいいのですが、これが長期にわたる慢性的な炎症になると話が変わってきます

その代表的な例が内臓脂肪で、小腸に脂肪がたまると、体は懸命になって免疫細胞を動かしはじめまして、これが全身に炎症を引き起こしてしまいます。

つまり、内臓脂肪はつねに山火事のような状態になってしまうのです。

この状態が長く続くと、

  • 心臓病
  • うつ病
  • 肥満
  • アレルギー
  • 糖尿病

などを引き起こしてしまいます。

炎症は脳の細胞にも起きるので、体調だけでなくメンタルまで悪化してしまうのが恐ろしいところで、まさに炎症は万病のもとと言えます。

免疫系が過剰に反応する

ここまで炎症が体に悪い理由は、はっきりとはわかってないのですが、恐らくは免疫系が過剰に反応してしまうのが原因だと言われています。

  1. 体内に慢性炎症が起きる
  2. 免疫系が反応する
  3. 炎症に対抗すべく大量の武器を放出し続ける
  4. 大量の武器が血管を傷つける
  5. 病気になる

みたいな流れでしょうか。

体内に炎症を起こす原因

体内に炎症が起きる原因はなんでしょうか?

    • 慢性的なストレス:短期間のストレスは問題ないのですが、長く続くとホルモンが大量に出すぎて炎症を起こします。
    • 加工食品の食べ過ぎ:加工食品にはオメガ6脂肪酸が多く、免疫系の過剰反応につながってしまいます。同じくトランス脂肪酸もよくありません(トランス脂肪酸で頭が悪くなる)。

    オメガ6脂肪酸はどうして悪影響が多いのか?

      • グルテンのとりすぎ:グルテンは体にとって異物として認識されるため、やはり免疫系が暴走を始めることとなります。
      • 糖質のとりすぎ:もちろん適度な糖質は必要ですが、血中の糖質量が高くなると、TNFaやIL-6といった物質が働き出して、血管に傷をつける原因になります。
      • 睡眠不足:睡眠が足りないと、体内の炎症レベルが格段に上がるってデータが出ています(ソース)。
      • リーキーガット:腸のバリアが破れるリーキーガットも炎症の大きな原因です。腸から毒素が体内に入るので、やっぱり免疫系が暴走します。

    万病の元リーキーガットって何?

    • 運動不足:日ごろの運動が足りないと、全身に軽度の炎症が起きることが知られています(ソース)。体中がつねにとろ火で焼かれてるような状態です。怖いですね。

といった感じです。

以上のように、なによりも怖い「炎症」の話でした。

当然ながらアンチエイジングの大敵なので、できるだけ気を使っていきたいところです。