人生の成功は5才の段階で決まっている?!

人生の成功は5才の段階で決まっている!」ペンシルベニア州立大の実験研究が興味深い結果になっています(ソース)。

これは、まずは1991年に753人の5才児を集めて、幼稚園の先生たちに全員の性格を採点してもらいました。具体的には、

  • 自発的に困った助けているかどうか?
  • 他者の感情を理解するのが上手いか?
  • 他者に物を分け与えることができるか?
  • 指示されなくても友だちと協力できるか?
  • 他人の意見をちゃんと聞けるか?
  • エラそうにならずに自分の意見が言えるか?
  • 他人にフレンドリーに接することができるか?

などの点です。要は共感力の高さを調べたということです。

20年後に再び調査を行ったところ、5才の時点で共感力が高かった子どもほど、

  • 大学の卒業率が高い
  • 若いうちに定職につく確率が高い
  • 正社員である確率が高い

という傾向があったそうです。逆に、共感力が低かった子どもは、

  • 逮捕率が高い
  • 大酒を飲みがち
  • 決まった家を持ってない確率が高い
  • 公的扶助を受けている確率が高い

といった傾向が高かったということです。

心の知能指数が高い人は年収も高くなる」というデータもありますし(ソース)、やはり共感力は重要ということですね。

研究者によれば、

” 共感能力が良い結果を生む理由はわかりやすいだろう。学校でも社会でも、いったん人間関係がうまくいけば、未来に良い影響をあたえることになる。

今回の研究により、子どもたちの社会性と感情の能力を伸ばすことが、彼らの将来にとって非常に大事だとわかった。”

ということです。

いちおう大人になってからも共感力は鍛えられる(ヨガや瞑想など脳の迷走神経を刺激する)ので、子供のころ共感力がなかったとしても大人になってそれを自覚し、修正することは可能です。

寝る前の20分で人生を変えるには?

寝る前にしてはいけないこと、例えば、スマホなどのブルーライトの光が睡眠の質を下げることは分かってるし、他にも睡眠の質を上げるためにヘビーな食事などは避けたりすると思います。

それとは別に、寝る前に行うことで脳をオフにしてしっかり休ませることにより翌日の脳のパフォーマンスを上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。

これは、夜寝る前に行うと、不安感などが減り集中力が上がるので目の前のことに取り組みやすくなる習慣です。

シャットダウン・リチュアル(その日の終わりの儀式)

コンピュータ・サイエンスの専門家でもあるカル・ニューポートさんの「大事なことに集中する」という本がありますが、これは現在の気が散るものであふれている世界の中でどのようにして生産性を上げていくのかということを解説してくれてます。

彼が推奨している方法でシャットダウン・リチュアルというものがあります。(リチュアルは儀式ということです)

これは1日の終わりや仕事の終わりに時間を取り、その日一日を締めくくる儀式のようなものを行った方がいいということです。 続きを読む

人生の目的を明確に持ってると睡眠の質が高い

ノースウエスタン大学の研究で時間と高齢者の脳の働きを調査したのがあります。

被験者は平均年齢79歳の825人で、睡眠の質をチェックするテスト(Pittsburgh Sleep Quality Index)を行い、人生においての目的尺度を測りました。

人生の目的尺度とは、自分の人生にどれくらい満足していて、どれくらい目的を持っているかということです。

年を重ねて高齢者になると基本的に幸福度は上がります(経済力などが安定する)。

が体力が落ちてきたり、残りの人生が見えてくるのでそこから人生の質を上げていくのはやはり難しいです。

人生をいい方向へ変える為に運動という要素は必要ですがそれまで運動してきてなかった高齢者にいきなり運動というのはハードルが高いですね。

続きを読む