求人口コミサイトGlassdoorで仕事探し

Glassdoorって知ってますか?

Glassdoorは2007年にカリフォルニア、ミルバレーで創業した求人情報検索サイトを運営し、企業に関する口コミ情報を収集しています。2018年5月にリクルートが買収したので今はIndeedと同じくリクルートの傘下です。

口コミの種類は、企業評価、給与、福利厚生の基本的な情報や、採用面接時の質問や感想なども含まれています。

多くの求職者は会社のレヴューを検索していると思いますが、それだけでなくIndeedと同様自分のProfileを作り気になる求人へ応募することもできます。

Glassdoorの使い方

1.自分が応募したい企業のレヴューを見る。

2.Profileを作り求職活動に使う。

3.面接の前に面接の質問を調べる。

4.気になる企業の給与情報を調べる。

5.企業の福利厚生や写真なども知ることができる。

1.自分が応募したい企業のレヴューを見る。

企業で働く従業員や元従業員が、その企業の「良い点」「悪い点」を投稿しているので働く人の生の声をチェックできます。 続きを読む

LinkedInをもっと活用しよう。

LinkedInって何?

ビジネス用のSNSで、求職者の転職、企業の採用やビジネス上でのネットワーキング作りのために使われているサービスです。職場とかで肩書のある人と繋がったり、自分が仕事探しを始めた時、LinkedIn経由で仕事の紹介がきたり、元同僚にこんな仕事があるよと紹介したり、活用すれば沢山の幅が広がります。

LinkedInの効用とは、

1.色んな肩書の人たちと繋がることができる(Networking)

2.社内でした知りえない求人情報を教えてもらえる。(情報収集)

3.一緒に仕事したことあるひとに推薦の言葉を書いてもらえる。

4.求職中にリクルターからこんな仕事あるけどどう?と話しがくる。

5.自分から直接メッセージを送ったりして仕事探しできる。

6.記事の投稿もできるので(Facebookのように)記事に関して自分の考えを広めて共感者を増やし将来のビジネスにつなげられる。

1.色んな肩書の人たちと繋がることができる(Networking)

私は以前仕事していた会社の社長さんとLinkedInで繋がっています。会議で数回会った程度でしたが、Connectのリクエストに応じてくれました。他の多くの人たちとも繋がっていていつかリファレンスが必要な時、或いはその会社に応募した時社内から推薦してもらえるよう頼んだりできるかもしれません。

日本人は(私もですが)シャイなので中々言えないかもですが、私も繋がっている人から時々リクエストもらったりしますので、活用した方がいいと思います。 続きを読む