お肉を食べるとガンにかかりやすくなるの?

昔から肉は「大腸がんの原因である」や「肉はガンの発症率を上げる」という主張が多く見られていて、肉バッシングの大きな根拠のひとつになっています。

肉好きには気になるところですね。

おおまかな統計データを見ると、1999年と2012年に行われた大規模な調査で、どちらも過去に行われた「ベジタリアンの発がん率」に関する研究をまとめて再分析したものですが、(ソース1,ソース2) データ数は7万から10万人分で結構な量があります。

その結果は、食い違っていて、

  • 1999年論文:ベジタリアンと肉を食べる人の間では、胃がん、大腸がん、肺がんなどの死亡率に差はなかった
  • 2012年論文:肉を食べる人よりもベジタリアンのほうが、発がん率は18%ほど低かった

となっています。

2012年論文のほうが新しくてデータ数も多いので、まずは「肉食と発がん率には関連があるのでは?」と考えた方がよさそうです。

ただし、ここで重要なのは肉の種類です。

続きを読む

加工肉はどこまで体に悪いのか?

加工肉はガンになるという話はよく聞きますし、ブログでも加工食品は避けた方がよいと書いてきました。

やはり統計データを見ると、加工肉は体に悪いとしか言えないのが残念です。

たとえば、2010年のメタ解析(ソース)によると、加工肉を多く食べると、

  • 心臓病のリスクが42%も上がる
  • 糖尿病のリスクも19%上がる

ことがあきらかになっています。

一方で未加工の肉は病気を引き起こさないということも分かっています。

で、その理由として考えられているのが、

1.ニトロソアミン:

これは肉の発色をよくするために使う保存料である亜硝酸塩が肉にふくまれるアミノ酸と結びついてできる成分で、かなりの発ガン性を持っています。

続きを読む