新型コロナでこれからの働き方はどうなるの?

新型コロナで在宅勤務が増えて今後の働き方が変わっていくと考えられています。

「GIVE & TAKE」や「ORIGINALS」などの著書で有名なペンシルバニア大学ウォートン校心理学教授のアダム・グラントが、「The Economist」で「新型コロナ危機後の仕事はどうなるのか?」という論文(ソース)を出しています。

グラント教授が過去の不況や危機に関する研究をベースに「新型コロナと今後の仕事」についてまとめたもので、

  1. 仕事への満足度
  2. リーダーシップ
  3. 人と人の間の信頼

に変化が起きるのではないか?と指摘しています。以下まとめると、

1. 仕事への満足度の変化

  • 複数の研究により、失業率が高ければ高くなるほど、10年後から15年後も仕事への満足度は高止まりする。今後の不況でキャリアを始めた場合は、今後の仕事への満足度も高くなる。
  • 新型コロナで不況が加速すると、全体的に感謝の気持ちは高まる。これは仕事の満足度を高めてくれるが、一方でブラック企業による「やりがい搾取」の被害にもあいやすくなる。

2. リーダーシップの変化

  • ストレスが多い時期には、人間の基本的な本能があらわになりやすい。そのため、新型コロナ後のリーダーは、とても寛容になるかとても非情になるかの両極にふれがち。
  • 新型コロナの危機では人材の流動性が高まるため、より倫理的で思いやりのあるリーダーシップが求められやすくなる(スター人材を引き止める必要があるから)。
  • 2000人以上の公開企業のCEOを対象にした調査では、失業率が高い時期に成人期を迎えた人たちは、給料を低く抑える傾向があった。また、失業率が高い時期にはナルシシズムや権利意識も減りやすく、これもまた謙虚なリーダーシップの重要性につながっていく。

3. 信頼の変化

  • 新型コロナの危機により、私たちが同僚や会社に対して抱く信頼のレベルは両極端にふれる可能性が高い。もともと団結していた企業は危機のおかげでさらに結びつきが強くなるが、元から信頼がない組織は新型コロナのせいでさらにばらばらになるかもしれない。
  • 危機が起きると、多くの経営者は「マイクロマネージメント」に走りがちになる(部下のリモートワークを監視したりとか)。が、基本的にマイクロマネージメントは悪影響しか生まないので注意したい。
  • 多くの人は、今回の危機で「職場がなくても仕事ができる!」と気づき始めた。そのため、今後は組織には全く所属せず、「ギルド」のような仕事形態が加速するかもしれない。
  • ただし、多くの研究によると、サラリーマンは週の半分以上はオフィスにいないと同僚との関係が悪化し、コラボレーションが損なわれる可能性がある。個人的な交流が不足すると社員の昇進率が低下するエビデンスもあるので、完全に仕事をリモート化するのは危険。

となります。要は、

  • 不況期は「仕事があるだけありがたい!」って気分になるので、逆に仕事への満足度は高まる。ただしそれだけ「やりがい搾取」も起きやすい。
  • 不況期においては古いタイプのぐいぐい引っ張るタイプのリーダーシップは通じにくい。「謙虚なリーダーシップ」が必要かも。

  • 不況期は助け合いの精神が高まるため、親密度が高い組織は信頼感が高まりやすい。

みたいな感じです。

全体的には「不況におけるマインドの変化が大事」ということに焦点が置かれていて、新型コロナに特有の変化というわけでもなさそうです。

在宅勤務なども新型コロナ前から言われてたことがちょっと加速しただけですから。

「不況になると人間の信頼感は高まる」ということも昔からよく言われることですね。