全粒穀物をとると糖尿病のリスクが減るのか?

全粒粉が体に良いという結果が得られなかったという記事を書きましたが、糖尿病のリスクに関してはどうなのでしょうか?

全粒粉は本当に体に良いのか?

全粒穀物とインスリン抵抗性の関係で、とにかく様々観察研究で「全粒穀物をとると糖尿病のリスクが減る!」という傾向が出ています。

インスリン抵抗性の悪化はアンチエイジングの大敵ですから、非常に気になりますね。

全粒穀物の論文は観察データが多いので、本当に全粒穀物が体にいいのかまではわかりにくく、たんに健康に気を使ってる人ほど全粒穀物を食べているって可能性も大いにあります。

2017年に、実験室で全粒穀物の効果をチェックしてくれた論文(ソース)が出ていて参考になりそうです。

続きを読む

健康そうで、実は体に悪い5つの食べ物

実は、「あれって体に悪いんですか!」と驚かれることが多い食品をまとめてみました。

以外と体に良くないことが知られてないちょっと健康そうな食品です。

フルーツジュース、ドライフルーツ

適度な果物は健康にいいですが、繊維質を取り除いたクリアなフルーツジュースやドライフルーツは別です。

2013年の研究(ソース)によると、被験者を2つのグループにわけて、一方には生のリンゴを食べてもらい、もう一方にはクリアなりんごジュースを飲んでもらったところ、

  • 生のリンゴを食べたグループは、4週間後にHDLコレステロール(善玉)が減少
  • りんごジュースを飲んだグループ、4週間後にLDLコレステロール(悪玉)が増加

という結果になったそうです。

これは、ジュースができる過程でポリフェノールや食物繊維が失われてしまうのが原因なのですが、市販のフルーツジュースは、ここに果糖ブドウ糖液糖や保存料が入ってるので、さらに悪影響があります。

続きを読む

全粒粉は本当に体に良いのか?

全粒粉は体にいい」という話はよく聞きます。

小麦をまるごと粉にしたのが全粒粉で、普通の精製粉にくらべて食物繊維が格段に多いので、心疾患で早死するリスクを下げると言われています。

実際、健康食としては定評がある「地中海式ダイエット」も大量の全粒粉を食べるのは有名です。

地中海式ダイエットが長生きに効くのも、全粒粉の効果では?、とも考えられてきたわけです。

ただ、この根拠は観察研究がベースなので、「たんに健康的な暮らしをしてる人は全粒粉の消費量が多いだけでは?」という疑問も残っています。

全粒粉が体にいいのではなく、健康志向の人が全粒粉を食べてるだけではないかということです。

続きを読む