牧草牛(グラスフェッドビーフ)の方が健康的なのはなぜ?

私たちが普段口にしているのは、穀物で育てられている牛で、グレインフェッドビーフと呼ばれています。

それに対して、自然の環境で放牧されて、牧草だけで飼育された牛肉はグラスフェッドビーフ、牧草牛と呼ばれて、いわゆる「放牧牛」です。

肉・魚・乳製品の質は、動物たちの生育環境に大きく左右されるので、与えられたエサの違いによって、お肉の栄養プロファイルもかなり違ってきます。

その放牧牛のメリットについて説明していきます。

放牧牛はオメガ3とオメガ6のバランスがいい

オメガ6は脂肪酸の一種で、体内のオメガ3とオメガ6のバランスが悪くなると、肥満やアレルギーといった害が出ることが知られています。( ソース

一般的に、すべての牛肉にはオメガ6が入っていますが(ソース)、放牧牛のほうがオメガ3の量が多いという データが豊富です(ソース)。その割合は飼育環境によって違いますが、大体穀物牛の2倍から5倍と言われています。


平均的なオメガ6:オメガ3の比率で言うと、

  • 牧草牛 1.53:1
  • 穀物牛 7.65:1

という感じです。

放牧牛は善玉コレステロールを上げやすい

放牧牛にふくまれる飽和脂肪には、

  • ステアリン酸
  • パルミチン酸
  • ミリスチン酸

の3つの脂肪酸が入っています。

このなかで、放牧牛にはステアリン酸が多くふくまれていて(ソース)、HDLコレステロールを上げて、LDLコレステロールを下げる働きがあると言われています。

放牧牛は素晴らしいということですね。

脂肪を燃やす共役リノール酸が豊富

共役リノール酸は、乳製品などにふくまれる不飽和脂肪酸の一種。体脂肪を減らす効果(ソース)の高さには定評があって、ほかにも抗酸化作用や、糖尿病に効くとも言われいます。

穀物牛にくらべると、放牧牛にふくまれる共役リノール酸の量はおよそ2倍から3倍(ソース)です。牧草によって牛のPH値が変わって、共役リノール酸を生む細菌が増えるみたいです。

牛肉の共役リノール酸は市販のサプリとは違って老化を進めない(ソース)ので、積極的に食べていきたいところです。

放牧牛は抗酸化成分も豊富

その他、放牧牛はビタミンや抗酸化成分も豊富なことが知られています(ソース)。たとえば、

  • ベータカロチン
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • グルタチオン(肝臓の解毒と抗酸化作用がある)
  • スーパーオキシドディスムターゼ(細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素)

などです。

かなり強力な抗酸化パワーがあるので、酸化に弱いオメガ3も腐らずにとることができるわけです。すばらしいです。

以上のように、日常的に牛肉を食べるなら、できるだけグラスフェッドビーフを選びたいですね。