寝てる間に勉強することは可能なの?

寝てるあいだに勉強できたらいいな」とは誰もが一度は思うことですが、「睡眠学習は可能かも?」と思わせる論文(ソース)があります。

これは2017年パリのPSLリサーチ大学の実験で、20人の男女に脳波計をつけてもらって、ラボで寝てもらいました。その際に、2パターンで実験用の音声を流しました。

  1. レム睡眠時に音を流す
  2. 睡眠が深いときに音を流す

レム睡眠は眠りが浅い状態で、脳は活動した状態なのでいろんな夢を見たりします。

大人だとだいたい全体の睡眠の2割ぐらいがレム睡眠と言われてます。

その役割はまだよく分かってませんが、一説には、記憶力を定着させる働きをしてると考えられています。

その日にあったことや勉強したことを、レム睡眠時に処理してるという説です。

実際、レム睡眠時に起こされた人は、前日に覚えたことを忘れてしまうというデータ(ソース)もあって、ありそうな話です。

で、今回のPSL大学の実験でも、やはり結果は「レム睡眠は記憶の定着」説を支持しています。

レム睡眠時に音を聞いた参加者は、翌日のテストで特定の音声パターンを認識する確率が高かったそうです。

レム睡眠に入った人間の脳は、外から入ってきた情報も処理してるみたいです。

研究者によれば、睡眠が深い(いわゆるN3)ときは、不要な情報を捨て去るフェイズに入ってるとのことです。

ですから、睡眠学習を狙うならレム睡眠かN2ぐらいの軽い睡眠を狙ったほうがいいようです。

研究者によれば、

” 今回の研究により、睡眠学習が可能であることがわかった。

しかし、実際に現実の学習に活かせるかどうかはまだわからない。”

ということです。

確かに、レム睡眠時には「日中の記憶をまとめる」っていう大事な仕事があるわけで、その作業を外部からの音声でさえぎっていいのか?って疑問はあります。

睡眠中に新しい情報を入れたせいで、日中に学んだことが追い出されるって可能性はありそうです。

2014年にドイツで行われた実験だと、「日中の勉強の復習に使うなら良いのじゃない?」という結論(ソース)が出てたりします。

あくまで昼間に覚えた内容を寝てる間に聞き直すんなら、記憶定着の邪魔にならなくていいのかもしれません。

つまり、

昼間に読んだ重要な本を、睡眠中にオーディオブックで聞き直す

昼間に覚えた英単語を、睡眠中に流しっぱなしにしておく

みたいな使い方であれば良いってことですね。

勉強したのに思い出せないのはなぜか?

勉強したのに思い出せない!」みたいなことはよくあることだと思います。

私も、今朝やったことを忘れていたりとか、ひどいものです。

2020年ネイチャーに出てた研究(ソース)は、「どうして学んだことを覚えてる人と覚えてない人がいるのか?」という問題を掘り下げていています。

研究者によれば、

” 毎日の生活のなかで、誰もが「知っているはずなのに思い出せない」というフラストレーションを感じる場面はある。

しかし幸いなことに、近年の科学では、個人が特定のものごとを記憶できるかどうかをチェックできるようになってきた。”

ということで、覚えたことをすぐ忘れてしまう問題を定量的に調査しました。

これはスタンフォード大学の研究チームによる実験で、18歳から26歳までの男女80人を集めて、

以前に聞いたことのある状況を思い出してもらう

いろんなものが映った映像を記憶して、どこまで覚えているかを調べる

というタスクを行うように指示しました。

そのあいだにEEG(脳波図)で脳の活動を測定しつつ目の動きなども観察して、注意力の変化をチェックしたそうです。

この2点を調べたのは、

” 頭の後部から出るアルファ波の増加は、注意力の低下、マインド ワンダリング(物思い)、注意散漫などの状態に関連している。

また、瞳孔径の収縮も、マインドワンダリングの増加や、認知パフォーマンスの低下と関係がある。”

ということが昔から言われてたからです。

もちろんマインドワンダリングは良いアイデアを生むときに欠かせない脳の状態ですけど、注意してものごとを記憶したいときには逆効果になるということですね。

さらに全員に「普段からどれぐらい注意力がそれるか?」や「マルチタスクをどれぐらい行なっているか?」などを尋ねるアンケートを行い、すべてのデータをまとめて分析したところ、

  • 「普段からいろんなメディアを同時に見てます」と答えたグループは、瞳孔サイズが縮んだ(これは注意力が散漫になっている証拠)
  • 物事を記憶する前に注意が散漫になった場合は、すでに見た映像を忘れてしまう確率も高かった

という傾向が見られました。

勉強したことをすぐに覚える人とそうでない人がいるのは、

  • その人がどれぐらいマルチタスクで作業をしているか?
  • 普段からどれぐらいマインドワンダリングを起こしているか?

といった要因に左右されるんじゃないのかということです。

「マルチタスクは良くない」「ひとつの作業から別の作業に移っただけでもパフォーマンスは低下する」ということはこのブログでも書いてますが、マルチタスクしていると、一気にパフォーマンスが下がることは良く知られています。

タスクシフトを効率よく行うには?

この悪影響はあくまでマルチタスクをしているあいだにだけ起きるものだって考えられていましたが、今回の調査では「普段からマルチタスクが多い人は、脳が常に機能の低下を起こしてるのかも?」とも考えられるので、普段からマルチタスクをしている人は注意が必要かもしれません。

ですが、この結果はあくまで相関関係でしかないので、研究チームも、

” メディアのマルチタスクをすることで、持続的注意力と記憶力が低下するとは言えない”

などと注意をうながしています。

ですが、注意のコントロールが学習と記憶に欠かせないのは明らかなので、普段からマルチタスク作業はしないのが一番だと思います。

学習と無関係な面白さは勉強の成果を下げる!

「学習に無関係なおもしろさ」というのは「勉強の内容とは関係ないけど勉強の興味を引くために使われる楽しげなもの」のことです。

専門的には「誘引性付加物(Seductive Details)」などと呼ばれています。 いくつか実際の例を挙げてみると、

  • 「過去のインターネット環境はどんなもんだったか?」を伝える授業で、その当時に人気があった映画スターの写真を学生に見せる
  • 子供用の学習テキストに、アニメ調のキャラが楽しそうに勉強してるイラストを添える
  • 「雷はどのように発生するか?」を説明したテキストに、雷に打たれたサッカー選手のユニフォームの写真を掲載などのことで、どれも一瞬だけ楽しそうと思わせるけれど、実際の学習内容とは関係ないのがポイントです。

無関係な面白さは勉強の成果を下げる!」というメタ分析(ソース)が出ていて、上記のような勉強の興味をひくために使われる学習内容とは関係ない面白いものは残念ながら効果はないという結果です。

このようなやり方に効果があるのか?というのは昔からよく議論されていて、

  • 賛成派:無関係なものでもとにかく学生の興味を引くのが大事である
  • 反対派:学習そのものをおもしろくするように努力する方が大事だ

といったあたりで賛否両論がわかれてます。

このメタ分析では「誘引性付加物」に関する先行研究から58件を抜き出し、7500人以上の学生を対象にしたデータをチェックしました。果たして「無関係なおもしろさ」は役に立つのか?ということをしっかり調べてくれています。

で、結論は、

誘引性付加物を使って授業をすると、そうでない授業を受けた生徒よりも成績が下がる!

ということで、
残念ながら、「無駄ななおもしろさ」で生徒のモチベーションが上がることはなく、逆に学習には悪影響が出てしまうということですね。悪影響のレベルはだいたい「小~中程度」ぐらいで、思ったより悪い感じです。

では、どうして「無関係なおもしろさ」が逆効果になるのかというと、

  • 認知的負荷が高まる:無関係な情報のせいでワーキングメモリがいっぱいになり、本当に大事な情報を処理する余裕がなくなる
  • スキーマの干渉:無関係な情報が割り込んでくるせいで、頭のなかに正しいメンタルモデルができなくなり、知識の整理が邪魔される

というのが二大要因だと考えられています。無関係な情報で頭が混乱してしまうわけです。

これはあくまで「無関係なおもしろさ」の話であって、「関係あるおもしろさ」の場合は、勉強には大きなメリットがあります。内容そのものがおもしろいと学習のモチベーションが上がるってデータはいろいろあり、

  • 学習内容と関係がある限り
    • 図版や映像を使ったほうが学習効率は上がる(ソース)
    • 生徒の事前知識と関連した情報を与えたほうが良い(雷の説明に静電気の例を使う、みたいな)(ソース)
    • BGMは学習内容と関係づけるのが難しいので、基本的に使わない方が良い(ソース)

という感じです。おもしろさと内容の一貫性が大事であるということですね。

勉強だけに限らず仕事でも言葉だけで説明するより図を描いたりするほうが内容が頭に残りやすいというのは経験的によくわかります。

会議で関係ない面白いことで場を和ませても会議の内容がちゃんと理解されたかどうかはその後の会議の進行次第かもしれません。場を和ませる面白いことは内容に関係することが良いってことですね。

成績が良くならないのは学習の戦略が欠けているから!

他の人より能力が劣っている訳でもないし、勉強しているのになぜか成績が上がらないということは経験したことあると思います。

勉強しても成績が上がらないのはなぜ?

それは勉強の量の問題でなく、学習する前の戦略ができてないからです。

これはスタンフォード大学の実験で、「他人より能力が低いわけでもないのに成績が低い生徒はなにが悪いのか?」という問題について調査したものです。
ソース

戦略的リソース利用法を使う

具体的にはテストをひかえた学生に協力をお願いして、1週間前に以下のような指示をしました。 続きを読む