寝てる間に勉強することは可能なの?

寝てるあいだに勉強できたらいいな」とは誰もが一度は思うことですが、「睡眠学習は可能かも?」と思わせる論文(ソース)があります。

これは2017年パリのPSLリサーチ大学の実験で、20人の男女に脳波計をつけてもらって、ラボで寝てもらいました。その際に、2パターンで実験用の音声を流しました。

  1. レム睡眠時に音を流す
  2. 睡眠が深いときに音を流す

レム睡眠は眠りが浅い状態で、脳は活動した状態なのでいろんな夢を見たりします。

大人だとだいたい全体の睡眠の2割ぐらいがレム睡眠と言われてます。

その役割はまだよく分かってませんが、一説には、記憶力を定着させる働きをしてると考えられています。

その日にあったことや勉強したことを、レム睡眠時に処理してるという説です。

実際、レム睡眠時に起こされた人は、前日に覚えたことを忘れてしまうというデータ(ソース)もあって、ありそうな話です。

で、今回のPSL大学の実験でも、やはり結果は「レム睡眠は記憶の定着」説を支持しています。

レム睡眠時に音を聞いた参加者は、翌日のテストで特定の音声パターンを認識する確率が高かったそうです。

続きを読む

勉強したのに思い出せないのはなぜか?

勉強したのに思い出せない!」みたいなことはよくあることだと思います。

私も、今朝やったことを忘れていたりとか、ひどいものです。

2020年ネイチャーに出てた研究(ソース)は、「どうして学んだことを覚えてる人と覚えてない人がいるのか?」という問題を掘り下げていています。

研究者によれば、

” 毎日の生活のなかで、誰もが「知っているはずなのに思い出せない」というフラストレーションを感じる場面はある。

しかし幸いなことに、近年の科学では、個人が特定のものごとを記憶できるかどうかをチェックできるようになってきた。”

ということで、覚えたことをすぐ忘れてしまう問題を定量的に調査しました。

これはスタンフォード大学の研究チームによる実験で、18歳から26歳までの男女80人を集めて、

以前に聞いたことのある状況を思い出してもらう

いろんなものが映った映像を記憶して、どこまで覚えているかを調べる

というタスクを行うように指示しました。

そのあいだにEEG(脳波図)で脳の活動を測定しつつ目の動きなども観察して、注意力の変化をチェックしたそうです。

続きを読む

学習と無関係な面白さは勉強の成果を下げる!

「学習に無関係なおもしろさ」というのは「勉強の内容とは関係ないけど勉強の興味を引くために使われる楽しげなもの」のことです。

専門的には「誘引性付加物(Seductive Details)」などと呼ばれています。 いくつか実際の例を挙げてみると、

  • 「過去のインターネット環境はどんなもんだったか?」を伝える授業で、その当時に人気があった映画スターの写真を学生に見せる
  • 子供用の学習テキストに、アニメ調のキャラが楽しそうに勉強してるイラストを添える
  • 「雷はどのように発生するか?」を説明したテキストに、雷に打たれたサッカー選手のユニフォームの写真を掲載などのことで、どれも一瞬だけ楽しそうと思わせるけれど、実際の学習内容とは関係ないのがポイントです。

無関係な面白さは勉強の成果を下げる!」というメタ分析(ソース)が出ていて、上記のような勉強の興味をひくために使われる学習内容とは関係ない面白いものは残念ながら効果はないという結果です。

続きを読む

成績が良くならないのは学習の戦略が欠けているから!

他の人より能力が劣っている訳でもないし、勉強しているのになぜか成績が上がらないということは経験したことあると思います。

勉強しても成績が上がらないのはなぜ?

それは勉強の量の問題でなく、学習する前の戦略ができてないからです。

これはスタンフォード大学の実験で、「他人より能力が低いわけでもないのに成績が低い生徒はなにが悪いのか?」という問題について調査したものです。
ソース

戦略的リソース利用法を使う

具体的にはテストをひかえた学生に協力をお願いして、1週間前に以下のような指示をしました。 続きを読む