心配と危機管理は別もの

心配はしても心配したことが起きる確率は3%です。

たとえその3%の心配していたことが起こったとしても、心配しただけで何も行動してなかったら何の手助けにもなりません。

例えば旅行に行く予定があって旅先で何かおきたら不安だと思うとします。旅先で病気になったら?旅先で事故にあったら?旅先で盗難にあったら?色々心配なことがあるとします。

危機管理は不確かなことに対してどういう危機か判断しそれを回避するために(可能であれば)対策を立てることです。

旅行の件にもどると、初めての海外旅行だとしましょう。旅先で何かあると不安ですよね。

危機としては、
1.病気になる。
2.事故に遭う。
3.盗難にあう。

確率的には2や3は低いですが、ないとは言えません。1は持病がある人なら確率は上がりますね。回避できる手段があればそれにこしたことはありません。簡単です。

旅行前に海外保険を購入すること!

昔あった私の話です。スペイン旅行をネットではなくたまたま旅行代理店で予約しました。その時いつもなら入らない保険を勧められたので入っておいたのです。1週間くらいの旅行で多分100ドルぐらい?だったと思います。 続きを読む