幸せをお金で買うには?

「「幸せをお金で買う」5つの授業」という本は、どういうお金の使い方をすると幸福を感じられるかについて心理学的見地から説明してあります。

著者はブリティッシュコロンビア大学の心理学の教授で、タイトルどおり幸せになるための科学的に正しいお金の使い方について述べた一冊です。

ポジティブ心理学がすすめるお金の使い方の知識がコンパクトにまとまっているので、幸福学関連の本になじみがない方にはおすすめです。

この本が提案している、幸せをお金で買う5つの授業は、以下のようになります。

1.経験に金を使う

人間の脳は物よりも体験のほうが慣れるのが遅いので、幸福感を長引かせることが可能になります。

長期的にみても、思い出に残る体験をしたほうが、時間とともに記憶が書き換えられていき、結果的には幸せな感覚を長く持てるようになるということです。

たとえ、その場では嫌な体験だったとしても、時間が過ぎればネタとして価値を持ったりします。

経験に金を使うときは、他人と一緒に行えることを選ぶほど幸福度は高くなる傾向があります。

2.新しいことに金を使う

幸福度が減る一番の原因は慣れです。

脳はすぐに新しい環境に順応し、決まったルーティンやくり返しが増えるほど幸せが損なわれてしまいます。

そのため、金を出すなら、できるだけ目新しい体験や物に支払うのが良いです。

といってもスカイダイビングやアフリカ旅行のような大きな話じゃなくて、いつもと違う石鹸を買うとか、新発売のお茶を買うとか、その程度でも十分に大丈夫です。

3.時間を買う

人間は時間に余裕があるほど幸福度が高くなるので、できるだけ手持ちの時間が長くなることに金を使うべきです。

これは、無駄に暇な時間を作れば良いということではなく、「自分は時間に余裕を持ってるな」と心から感じられることが大事です。

たとえばボランティア活動で人のために時間を使うのも余裕感が味わえるよい方法です。

本書では、特にテレビと通勤の時間を減らし、家族や友人と過ごす時間を持つことが強調されています。

うーん、日本の典型的サラリーマンとは真逆ということですね。

コロナをきっかけにもっと在宅勤務が増え、時間を有効に使い、残業が減ってもっと家族や友人と過ごせるようになれば良いと思います。

4.支払いは先に済ませておく

人間の脳は、基本的に「支払い」に苦痛をおぼえるらしいです(実際の脳の痛みを感じるエリアが反応します)。

そのため、支払いと苦痛を分離できるクレジットカードは、つい使いすぎてしまう傾向が高くなります。

逆に支払いを先に済ませておくと、脳は「無料になった!」と勘違いして幸福感がアップするようです。

また、お金を先に払っておくと、後払いよりも最終的な支出額が安くすむ傾向があるので一挙両得とのことです。

5.他人のためにお金を使う

ここで紹介した5つの授業のなかでも、もっとも効果が高いお金の使い方になります。

アダム グラント「GIVE & TAKE」にもあるとおり、他人のためにお金を使ったほうが、自分のために支払うよりも相当に幸福感が高くなります。

お金は人のために使うと幸せになれる!

これは別に裕福な人に限ったことではなく、一般的な所得の人にも当てはまることです。

お金を使う前に、「幸せをお金で買う」5つの授業の中にあったかなと考えてみたらいいかもしれません。

本書には根拠となる実験やエピソードなどが豊富にあるので、さらに深く納得したい方は一度手に取ってみてください。

なぜ物を買えば買うほど不幸になるのか?

物を買っても幸せにはなれない!」と主張する研究は多いのですが、2014年にベイラー大学が出した論文(ソース)は、「物質主義が不幸をもたらす理由」について踏み込んでいます。

これは246人の被験者を対象に、彼らの物質主義のレベルと幸福度の高さについて調べた研究です。

すると物を買うのが好きな人ほど、日常の喜びが少なくて、結果として人生の満足度も低かった、という結果になっています。

で、この理由について研究者は、

” 人間は新しい環境へ簡単に適応する能力を持っています。これが、物を買っても幸せになれない理由でしょう。

より多くの物を持ったとしても、たんに欲望のハードルが上がるだけだからです。大きな家を買ったとしても、その家のサイズにすぐ慣れてしまい、より大きな家を探すようになります。

この現象は、消費のトレッドミルと呼ばれます。いくら物を買っても、トレッドミルのスピードを上げているだけなのです。”

体重のセットポイント(脳がつねに一定の体重を保とうとする仕組み)と似ていて、人間の脳にはつねに一定の幸福感を保とうとするシステムが備わっているということです。

また、物を買うことに囚われると、いまは物を持っていない自分に意識が集中してしまうため、どんどん幸福感が減ってしまうらしいです。

で、この問題を解決すべく研究者が提案しているのが感謝の気持ちを持つことです。

” 人生に対して、もっとも満足度と幸福感をもたらすのは感謝です。これは、他人との関係性に関する感情です。

これまでの調査によれば、人間は他者を助けるほどやる気が出ることがわかっています。

私たちは社会的な生物ですから、他者に対してポジティブに関わるのが一番いいのです。”

ということで、物に執着して、皆が持っているものを持ってないと気が済まない状況になっているとやばいです。残念ながら物では幸福にはなれないということですね。

私も最近観葉植物に凝りすぎて、あれもこれも欲しいと思っているので、要注意です。

好きな仕事であってもなくても最終的には幸福度は違わない。

好きな仕事をしても幸福にはなれない

よく自己啓発本では「好きを仕事に」など書かれてますが、好きな仕事をしても幸福になるとは限らないようです。

おそらく「幸福を追いかけると逆に不幸になる」って研究(ソース)と同じ心理が働くので、「好きなことで食べていく」と意気込むほど、現実の仕事とのギャップに苦しむからかもしれません。

実際、過去には「夢や情熱を追っても『天職』は見つからない」(カル・ニューポートによると天職は偶然の産物)や「情熱は後からついてくるから、とりあえず働け!」という研究(ソース)もあります。

学問の世界でも「好きを仕事に?」みたいな状況かと思います。

では、「嫌な仕事は受け入れるしかないの?」って話になりそうですが、それを調査したのがミシガン大学による実験(ソース)です。 続きを読む

簡単に幸せになれる方法

シカゴ大学(ソース)の研究によると、誰かと繋がると幸福度が増すのに不必要に孤独でいてしまう、という実験結果があります。

簡単に幸せな気分になるには、見知らぬ人と街中で話しかけること!です。

まあ、アメリカ人が概ね幸せそうにしてるのはこれ普通に実践してるからかなのでしょうか。朝通勤途中でコーヒーやベーゲル買ったりする時、ランチタイムでサラダオーダーする時無駄に話しているなと思う時があります。

シカゴ大学の実験は9つの実験を行っていて、その中の一つはバスや電車を使って通勤している人を対象にしたものは、次の3つのグループに分けました。

1.見知らぬ人と話するようにする。
2.全く話ししない。
3.通常通り通勤する。 続きを読む