微生物と上手くやっていこう!

人間の体は微生物のかたまりです。

腸内細菌はもちろんのこと、肌や内臓といったあらゆるエリアに住み着いて、複雑なエコシステムを作り上げています(ソース)。

これは近年になって研究が進んだ分野なので、エコシステムの全容はわかってないのですが、人類が微生物たちと協同で免疫システムを作ってきたのは間違いないようです(ソース1,ソース2)。

また、この協同作業の歴史は遺伝子にも書き込まれていて(ソース1,ソース2)、もはや人間は微生物の助けがないと正常に機能しないことが分かっているのです。

微生物は人間の旧友

この仮説は2003年ごろから提唱されたもので、一般に「旧友仮説」などと呼びます(ソース1,ソース2)。「アレルギーの原因は殺菌のし過ぎが原因だ!」と主張する「衛生仮説」の考え方を、さらに広げたわけです。

私たちは、昔ながらの仲間をどんどん殺菌しすぎるし、まともな食物繊維もあげないしで、微生物たちから見放されてしまい、さまざまな病気が引き起こされてしまっています。

で、微生物をちゃんと扱ってないことで起きる不調として、

  • アレルギー
  • うつ病、不安症、ADHDなど
  • 肥満
  • 糖尿病
  • 慢性疲労
  • 心疾患
  • 肌荒れ

などがあげられます。

続きを読む

家やオフィスにいるだけで気分が悪くなるシックハウス症候群

シックハウス症候群は、その名のとおり、自分の家やオフィスに漂う悪い細菌によって気分が悪くなる現象のことです。

人体の外側の細菌環境が悪くなっても、やっぱりいろんな病気の原因になってしまうということですね。

2010年、2013年の研究を見てると(ソース1,ソース2)、シックハウス症候群が原因で起こる症状としては、

  • めまい
  • 疲労
  • 頭痛
  • 集中力の低下
  • のどや目のかゆみ
  • 寒気

などがあるようで、要するに、あらゆる病気のもとになるわけですね。

続きを読む

健康的な美肌のために肌バクテリアを養成するには?

私達の皮膚には1㎠あたり100万の細菌が住みついていて、皮膚常在菌と呼ばれ、複雑なエコシステムを作り上げています(ソース)。

その仕組みはまだ不明点が多いのですが、天然の保湿成分を作ったり、悪玉菌をブロックしたり、皮脂のバランスを保ってくれたり、外部からの刺激をブロックしてくれたりと、あらゆる働きをしてくれます。

洗顔や保湿クリームなんかに高い金を払う前にまずは肌の細菌をいたわった方が得策です。

健康的な美肌を目指すためにどうすればいいのでしょうか?

抗菌剤が入ったコスメや洗浄剤は止める。

「抗菌」や「薬用」をうたった商品は使わないのが無難です。

抗菌作用の高いフェイスソープなどで顔を洗うと、美肌に欠かせない常在菌たちが激減して、肌荒れが進んでしまいます。 続きを読む