ネガティブな感情を処理する感情の擬人化とは?

ストレス解消法として、 「インサイド・ヘッド」という映画がおすすめです。この映画は、人間の感情の働きをうまく可視化しているので、自分の心の動きを客観的に見つめるのに役立ちます。

2019年に出たデータ(ソース)は、この「インサイド・ヘッド」から着想を得た内容になっています。

論文は4つの実験で構成されていて、

  1. すべての被験者に「過去にあった悲しい体験」を思い出してもらう(失恋したとかペットが死んだことなど)
  2. 全体を2つのグループに分けて、一つのグループには、悲しい体験を普通に描写する
  3. もう一つのグループには悲しみを擬人化してイメージし、その悲しみがどのような人物なのかを描写する

という感じになってます。

続きを読む