抗生物質でダメージを受けた腸内環境は元にもどれない。

1回の抗生物質でも腸内は悪性の菌だらけに

2015年にだされた「失われてゆく、我々の内なる細菌」によれば、抗生物質により腸内細菌が死亡し、腸のブロックする機能がなくなり、毒性の強い微生物が全身にまわってしまうそうです。

しかも、この現象は、少しの抗生物質でも起きてしまうので注意が必要です。1985年の実験(ソース)だと、抗生物質を1回使っただけでも腸内に悪性の菌が増殖して、激しい下痢や大腸炎が起きたということがわかってます。

1回ダメージを受けた腸内環境が回復するのは難しい

2008年の実験だと、1回の抗生物質でおよそ3分の1の腸内細菌が悪影響を受けるということです。それも、1回受けたダメージは半年が過ぎても満足には回復しないそうです。もともと抗生物質で下痢を起こす人は多いのですが、腸内細菌のダメージによるところも大きいということです。 続きを読む