新型コロナウィルスが重症化しやすいランキング

新型コロナウィルスは、持病を患っている人にはかなり脅威かと思いますが、ではどんな疾患を持っている人だと重症化しやすいのかというメタ分析が最近出ました。(ソース

これは濰坊医科大学の研究で、「新型コロナウィルスで重症になりやすいのはどんな人?」ってポイントを調べています。新型コロナで症状が悪化しやすい人とそうでない人の違いが判るということですね。

具体的には新型コロナウィルスの重症度に関する研究から6つの研究を抜き出していて、全体的なデータの質は高めです。その内訳は、

  • 6件は高血圧、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)について調べてる
  • 5件は肝臓疾患について調べてる
  • 4件は悪性腫瘍、腎疾患、心血管疾患について調べてる
  • 3件は、脳の疾患について調べてる

のようになっています。

高血圧やら糖尿病の問題をかかえた人は、やはり新型コロナウィルスのダメージも大きいのではと研究チームは考えたということです。

大きな結果を並べていくと、

  • COPDの人は重症化のオッズ比が 5.97
  • 脳血管疾患の人(脳出血とか脳梗塞とか)は重症化のオッズ比が 3.89
  • 心血管疾患の人(不整脈とか心不全とか)は重症化のオッズ比が 2.93
  • 糖尿病の人は重症化のオッズ比が 2.47
  • 高血圧の人は重症化のオッズ比が 2.29
  • 肝臓病、腫瘍、腎臓病は重症かと相関がなかった

という感じでした。

もちろん体に問題を抱えた人は全体的に重症化しやすい傾向がありますが、やはりCOPDの危険さが突出してます。

COPDはのは肺の空気の通り道が狭くなって,うまく呼吸できなくなってしまう病気です。長年にわたる喫煙などにより,肺や気管支の空気の通り道が狭くなった状態です。

風邪をひいてないのに咳やたんが出たり、すぐに息が切れてしまうような人は注意です。

もともとCOPDはインフルエンザでも症状が悪化しがちなことがわかってますし、新型コロナのメイン症状は呼吸不全なのでこの結果も当然な感じです。研究チームも、

” COPDを持つ新型コロナウィルスの患者は、COPDなしの患者に比べて5.9倍も重症化のリスクが高かった。”

と強調しています。

また、直近ではイギリスから別のメタ分析(ソース)が出ていて、こちらでは7件のデータをまとめて、

” COPDは新型コロナウィルス重症化の最も強力な危険因子であり、次いで心血管疾患と高血圧が続く。”

と結論づけています。

なんでも、COPDの人は肺細胞にACE2という受容体が増えていて、そのせいでウイルスが細胞内に取り込まれやすくなるそうです。

ACE2は本来COPDから私たちを守るために増えてるのですが、それが新型コロナに付け入るスキをあたえてしまってる結果になっています。

このACE2と新型コロナの関係について調べたレビュー(ソース)だと、ACE2の発現はたばこでも激増することがわかっていますので、喫煙者はかなり危険ですね。

ただし、このレビューには希望もあって、

  • 一旦たばこをやめると、ACE2の量は「タバコを吸ったことがない人」と同じレベルにもどる

という傾向も確認されています。つまり「タバコはいつやめても遅すぎることはない」ということで、この機会に禁煙してみるのは良いことではないでしょうか?

新型コロナを防ぐには6フィートでも足りないかも

人との距離は6フィートでも足りないかもしれない

新型コロナを防ぐには人との距離は6フィートとること!」ってのが現在のガイドラインですが、「もしかしたらそれだけじゃ不十分かも?」と指摘するデータ(ソース)が出てています。

これはサニーブルック健康科学センターの調査で、新型コロナではなくインフルエンザに感染した人の咳を調査したものです。

人間の咳がどれぐらいの距離まで飛び散るのかを高速カメラとレーザー光で確かめて、拡散力をチェックしました。

結果は、

  • 数メートル離れたところにいる人が咳をした場合でも、その咳は3秒とかからずこちらに届く
  • 咳の飛沫の10%は、咳が終わってから4秒が過ぎた後でも大気中を漂う

だったそうです。

たとえ6フィート(2メートル以下)離れたとしても咳の飛沫は防げないかもしれないみたいです。マスクをしていたらどうなのかは分からないのですが、少なくともしてないよりは咳の飛沫は防げるかもしれません。

といっても、チームによれば、

” 6フィートが安全だという論理的根拠はないが、3フィートかそれに近い距離よりははるかに良い。明らかに遠くにいるほど感染リスクは減少する。”

ということです。

6フィートでも安全とは言えないですが、まぁ離れるにこしたことはなさそうですね。ドラッグストアの通路が最近一方通行になっていて、ありがたいなと思います。

手洗いの後、ペーパータオルで乾燥させる方が良い

いまのところ新型コロナを防ぐには「少なくとも20秒間は手を洗う」と言われてますが、新たに「同じぐらい手を乾燥させる方法も大事だ」って内容のデータ(ソース)が公表されています。

これはヨーロッパ感染症会議 (ECCMID) で発表されたもので、調査の内容は、

ペーパータオルを使って手を乾かすのと、ジェットエアドライヤーを使うのではどっちらがいいのか?

という件を検証しています。

最近の公衆トイレなどはペーパータオルとジェットドライヤーのどちらかを選べますが、果たして感染を予防するにはどちらを使うべきなのか?ということです。

研究チームは、被験者のに公衆トイレを使うように指示して、手を軽く洗った後でペーパータオルかジェットエアドライヤーのどちらかで手を乾かすように指示し、その後、被験者たちが触れたドアノブ、階段の取っ手、電話など11カ所に残ったウイルスをチェックしたところ、結果は以下のようになりました。

  • ジェットドライヤーを使った場合は11カ所がすべて汚染されており、汚染度はペーパータオルの10倍だった
  • ペーパータオルを使った場合の汚染は6カ所だった

というわけで、はっきりとペーパータオルの勝利だったようです。

一部のジェットエアドライヤーには待機中に湿気を放出するものがあり、逆にウイルスや細菌を周囲にまきちらす場合もあったらしいです。ジェットドライヤーの付近にはいない方がいいですね。

ということで、公衆の場で手を拭くのはペーパータオルを使うことが良いようです。