冷凍野菜はどこまで栄養が減るのか?

野菜やフルーツは毎日欠かさず食べるようにしていますが、特に野菜など冷凍したものも売ってますよね。

その冷凍野菜は栄養的にどうなのでしょうか?

カリフォルニア大学の実験(ソース)で、野菜とフルーツを冷凍すると、どれぐらい栄養が減るのかを確かめてくれた研究があります。

冷凍野菜やフルーツの方が優れているケースが多い

具体的に調べた食品は、

豆類
ホウレン草
ブロッコリー
ニンジン
コーン
イチゴ
ブルーベリー

などです。

以上の食品を「冷凍」と「新鮮」の2パターンにわけて、90日間でどれぐらい栄養価が変わるかを見たわけです。 続きを読む

オーガニックにこだわる意味はない。

皆さんはオーガニックの野菜や果物買いますか?

オーガニックとは農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

一般的に考えられているのはノンオーガニックのものより栄養や農薬の面で、健康的で栄養素が高いということですよね。

果たしてそうでしょうか?

結論を言うと、

1.栄養素点ではオーガニックだろうとノンオーガニックだろうと差はほぼありません。

2.オーガニックは環境に優しい?100%そうだとは言い切れない。

3.オーガニックは無農薬である?そうでないようです。

4.オーガニックはそうでない野菜や果物より高いけれどその価値はあるのか?

1.栄養素点ではオーガニックだろうとノンオーガニックだろうと差はほぼありません。

科学的にオーガニック食べ物がノンオーガニックより栄養素が高いということを証明はさ
れてません。

2009年オックスフォードアカデミックのメタ分析(他の研究を分析)によると、オーガニックとノンオーガニックで栄養素の違いは認められないとしてます。

2012年ACPの研究ではリンの要素がオーガニックにやや多く含まれているとしてます。

2014年Britishジャーナルの研究では、オーガニックには抗酸化剤がやや多く含まれ、カドミウムが少ないとしていますが、その差は微々たるものであるとしています。

2012年スタンフォードのメタ分析、240の研究を分析した結果は、果物、野菜、穀物、肉、ミルク、卵などのオーガニックとノンオーガニックの比較をしたところ、

健康的な利点や、ビタミンの含有量など差はほとんど見られないという分析です。

2012年のACPの研究同様、リンの要素がオーガニックにやや多く含まれているとのことです。

タンパク質や脂質はほぼ差がなく、ただオーガニックミルクにはオメガー3が多く含まれるという結果でした。

2.オーガニックは環境に優しい?100%そうだとは言い切れない。

続きを読む