楽観的な人は29%長生きするってホント!?

楽観的な人は長生きする!」っていう面白いデータ(ソース)が2017年に出ています。

これはハーバード大学の調査で、看護師健康調査から約7万人の女性(平均年齢70才)を対象にしています。

2004年に全員の「楽観レベル」をテストしたうえで、2006年から2012年に参加者がどうなったかを調べたコーホート研究になっています。

ここでいう楽観主義っていうのは、「先行きが不透明な時期でも未来は良くなると感じられる」みたいな性質のことです。

悪く言えば単なるバイアスなんですが、この傾向が高い人ほど病気にかかりにくいようです。

楽観主義だと生存率が29%もアップ

具体的な数値をあげると、

楽観主義が高い人は…

    • 楽観レベルが低い人に比べて生存率が29%高かった
    • 癌の発症リスクは16%低かった
    • 心疾患の発症リスクは38%低かった
    • 脳卒中の発症リスクは39%低かった
    • 感染症の発症リスクは52%低かった

みたいになっていて、かなり違います。

ちなみに、この数値は、年齢、教育レベル、パートナーの有無という変数を調整しています。

性格が楽観的なだけでなぜか長生きする

こういう論文に対して、これまでは「楽観的な人は健康的なライフスタイルを送りやすいからではないか?」という説明がつくのが定番でした。

楽観的な人ほどタバコを吸わないし、運動もするんのじゃないのかということです。

というわけで、今回の研究では、そのへんの変数も調整しています。

具体的には、

  • レステロールや血糖値のレベル
  • タバコを吸うかどうか
  • 定期的に運動をしているかどうか
  • 野菜をたくさん食べてるかどうか

などの要素も省いていったのですが、

それでも楽観的な人は死亡率が9%低い!

という結果でした。

つまり、健康的なライフスタイルとは関係なく、性格が楽観的なだけでなぜか長生きするということになります。不思議ですね。

続きを読む

幸運な人は科学的にどんな性格なの?

「どのような性格の人が幸運になりやすいのか」というデータ(ソース)があります。

これはレスター大学やマンチェスター大学の研究チームによるもので、250人の男女を対象にしています。

まず全員に「幸運に対してどう思うか?」をいくつか質問して、それぞれの運に対する態度を調べました。

具体的には、

  • 私は不運に人間だと思う
  • 私はたいてい幸運にめぐまれている
  • 幸運とは、たんなる偶然ではない
  • 私は運を信じている

などのような項目に対して、自分がどれだけ賛成できるかを採点してもらいました。

幸運とは思い込みのことである

どうして調べたかと言うと、過去の研究により、「自分は運がいい!」と思ってる人は実際に運がいいことがわかってるからです。

WSJの記事にある「ラッキーアイテムの効果を信じると本当にラッキーになる」にもあるように、

  1. 自分は幸運だ!と思い込む
  2. 緊張が解けてリラックスする
  3. パフォーマンスが上がる!

みたいな流れになっています。

つまり、思い込みが激しい人は運が良くなるってことことみたいです。

詳細は、「運のいい人の法則」に書いてあるので参照してください。

続きを読む