オリーブオイルで死亡リスクが下がる?!

オリーブオイルがアンチエイジングに役にたつというのはよく聞きますが、

アンチエイジング的にオリーブオイルはどれくらいとればいいの?

2022年にオリーブオイルで死亡リスクが下がるというデータが出ています(ソース)。

これは現在も進行中の2つのコホート研究の分析で、ベースライン時(1990年)に心血管疾患(CVD)や癌を発症していない9万2383人(女性66%)を対象にしたものです。

食事の摂取量は、調査のスタート時から4年ごとにアンケートを使って測定されたもので、ここに加えて体重や喫煙状況、身体活動などもチェックしています。

全体的にサンプルサイズが大きく、長期間にわたりフォローアップもし、アンケートも頻繁に行っているしで、なかなか良い研究だと思います。

28年間の調査期間中に3万6856人の死亡者が出て、運動量やタバコなどのデータをもとに数字を調整したところ、分析の結果は以下のようになりました。

  • オリーブオイルの摂取量が最も多いカテゴリー(1日7グラム以上)の参加者は、最も少ないカテゴリー(全く摂取しない、または月に1回未満)の参加者と比較して、追跡期間中に総死亡および心血管死亡のリスクが19%、がん死亡のリスクが17%、神経変性による死亡のリスクが29%、そして呼吸器死亡のリスクが18%低かった
  • 代替分析では、1日10gのマーガリンを10gのオリーブオイルに置き換えることで、総死亡のリスクが13%低下する。
  • 1日10gのバター、マヨネーズ、乳脂肪を同量のオリーブオイルに置き換えると、総死亡のリスクがそれぞれ14%、19%、13%低くなると推定される。
  • 心疾患、癌、神経変性疾患、呼吸器疾患など特定の死因についても、ほぼ上と同じような結果が報告された。
  • オリーブオイルを他の植物油に置き換えることは、総死亡率や特定死因の改善とは関連がなかった。

続きを読む

お酒のダメージを相殺する方法は?

以前、ワインは体にいいので1日1-2杯程度は健康によいと書きました。

酒は体によくないでも、ワインはいいの?

でも付き合いでワインでないお酒や多く飲む機会もあるかもしれません。

シドニー大学の研究論文(ソース)では、お酒の悪影響をエクササイズでカバーできるのかということを調査しました。

40歳以上の男女3万6370人のデータを使って日常的な飲酒とエクササイズの量の関係を調べたところ、

1.ほぼ運動せずにお酒を飲んでる人は早死にする確率(75歳前)がアップする。

2.運動をしない場合、たとえ適度な飲酒(1日グラス2杯ほど)でも早死にの確率は16%あがり、ガンの発症リスクは47%上昇する。

3.運動せずに深酒すると、ガンの発症リスクは87%あがる。

4.適度な運動(自転車とかズンバとか水泳くらいの負荷)を週に150分行えば、ほとんどの死亡リスクは相殺でき、がんの発症リスクは36%減る

ということが分かりました。
続きを読む