捨てられない思い出のものを捨てて片付けるには?

部屋が散らかってるにせよ、見た目的には片付いて見えるにせよ、色々ないらないものをため込んでませんか?

収納場所があるとなんでもつっこんでしまって、同じものがいくつもなんてあるかもしれません。あるいは、これは思い出の記念のものだから、とっておきたいとか。

2017年の論文(ソース)でなかなか「思い出のものを捨てられない」人に良い方法を見つけてくれています。

思い出のものは写真をとってもの自体をすてる!

これはペンシルバニア州立大学の実験で、797人の学生が対象。学期末の直前に「不要なものを寄付しよう」ってキャンペーンを展開して、学生たちに2つのパターンで呼びかけを行ないました。

  1. 普通の呼びかけ:たんに「不要なものを集めて寄付してください」とアナウンスする
  2. 撮影をうながす呼びかけ:「不要なものを集めたら写真に撮って、それから寄付してください」とアナウンスする

つまり、両者の違いは「不用品を写真に撮るかどうか」だけです。この作業を足すだけで寄付率が上がるのではないかと考えたということです。

で、結果は、

  1. 普通の呼びかけ:533品が寄付された
  2. 撮影をうながす呼びかけ:613品が寄付された

という感じです。結構はっきりした差が出ていますね。

研究者によれば、

” 物の記憶、またはその記憶にまつわるアイデンティティを保存するように仕向ければ、たいていの人は不要な物を捨てることができた。”

ということです。写真でも動画でもなんでもかまわないので、とりあえず「思い出の品の記憶がちゃんと残った」という実感が得られば、誰でも思い切って物を捨てられるということですね。

「その記憶にまつわるアイデンティティ」というのは、たとえば「過去に剣道の大会でもらったトロフィーが捨てられない」というときは、

物の記憶=剣道の大会で優秀賞をもらった!

アイデンティティ=優秀賞をもらった誇らしい自分

のような意味です。たいていの場合は「物の記憶」を抑えておけば、自動的にアイデンティティもついてくるということです。

さらに研究者によれば、

” 私たちが本当にあきらめられないのは、自分が所有する物自体ではない。本当に捨てられないのは、その物にまつわる記憶なのだ。”

 と、非常にいいことを言ってます。

ただし、逆にいえば、このテクニックが使えるのは「思い出に関する品だけ」ということで注意が必要です。単に無駄なものがあってまた使うかもと思っている品には、使えないということです。

「思い入れがあって捨てられない」みたいな場合は、写真に撮ってみるのも良いかと思います。

” 写真を撮れば、私たちは同じ記憶をキープすることができる。これは別に驚くような話ではないだろう。しかし、わざわざ不用品を写真に撮るような人は少ないため、この作業を意識的に行わねばならない。”

思い出の品に対する「片づけ」がはかどるシンプルな解決策として良いと思います。

実際私も無意識ですが、ワインのボトルを捨てられなくて、とっておいたのですが、やはりかさばるので写真を撮ってみると、あっさり捨てることができました。

皆さんもぜひ試してください。

捨てられないものを捨てるには?

3月は会社で組織編成があったり、学校も4月から新しくなったりと何かと環境が変わる月ですね。

新しい環境に合わせて自分の周りを見直したり、新しいことに挑戦するためにフットワーク軽くなるように余計なものを減らすのが一番です。 ものだけでなく人間関係も含まれます。

とはいえ人間関係は難しい部分もあるので、一番楽なこと、物を捨てる事から始めてみてはどうでしょうか。物を捨てることによって自分が決断するためのトレーニングになると考えてみるのも良いと思います。

捨てるためのテクニック

なんとなく捨てられない思い出の品ってありますよね。

本当に大事な思い出ならいいですが、それほどではないけれどなんとなく捨てられない物が結構溜まっているという人がいると思います。

なんとなく捨てられないけど捨てるにはどうすればいいのかを調査した論文があって、(ソース

それはペンシルベニア州立大学の研究で、797人の学生を対象に学期末の直前に自分たちの不要な物を寄付しようというキャンペーンを行ったものです。

学生に対して2つのパターンで呼びかけてどちらのパターンの方が寄付しやすくなったかというものです。

1.ただ要らないものを寄付してほしいとお願いしたパターン
2.要らないものを写真を撮ってから寄付してほしいとお願いしたパターン

結果は、

1のパターンは533アイテムが寄付されました。
2の撮影を促す呼びかけをすると613アイテムが寄付されました。

写真を撮ってから寄付してほしいと呼びかけるだけで、学生たちが自分たちが持っているものを手放す確率が上がったということです。

写真を撮影することによる心理的な効果が大切で、私たちが物を捨てられ理由は、その物自体よりもその物にまつわる思い出とか記憶にまつわるアイデンティティのようなものが捨てられないからです。

結局、私たちがとっておきたいのは物ではなく記憶です。

ということは、記憶を保存できるような状態にすれば物は捨てやすくなるのではないかということを考えたのが、このペンシルベニア州立大学の研究です。

実際に、写真でも動画でもその記憶が残るという実感を与えることで誰でも物を手放しやすくなるのではという仮説を立てた上で実験を行ったところ、その通りの結果が出たということです。

思い出とアイデンティティ

自分が物を捨てられない理由をアイデンティティに関して考えてみると、
例えば、学生だった頃にもらった賞状が捨てられないとします。

その記憶としては部活のコンテストで優勝したというような記憶です。

アイデンティティとしては、あの時自分は部活で頑張って成果を出したという自分を誇らしく思える自尊心がその賞状に込められています。

その物にまつわる記憶を考え、その記憶はどのようなアイデンティティを作っているのかを考えます。そしてそこまで考えた上で写真を撮ると捨てられるようになるということです。

自分のアイデンティティに対してその物がどのように寄与しているのかということを考えると、その物自体がなくなっても記憶さえ残っていればいつでも自分のアイデンティティと共にあると考えることができて物を捨てやすくなるということです。

親の形見とか本当に大事な物は捨てる必要ありませんが、使うわけではないのになんとなく捨てられないというものは、スマホの中に自分の大切な思い出のフォルダを作ってそこに写真は入れておいて、物自体には感謝しつつ捨てていくのが良いと思います。

なんとなく捨てられない物が溢れて、その散らかっている状態は私たちに心理的なストレスを与え可能性を奪うのであれば、捨てた方が良いと私たち自身も思い出にまつわる人達も思っているはずです。

過去は前に進むためにあります。

処分する時は感謝の気持ちで写真撮影してアイデンティティをかみしめてから物を処分してみませんか。思い出は写真の中にあって無くなることはないしいつでも見ることができるのです。

モノは基本、1イン1アウト

新しいモノを買う時はありますよね。

1.それはまず今使ってるモノが無くなった時、

2.そして、今着ている服や靴が古くなって捨て時だなと思った時、

3.今まで持ってなかったけれど自分にとって必要だと感じた時

1.無くなったモノを補充する。
トイレットペーパー
ティッシュぺーバー
毎日の料理に欠かさないモノ、ニンジン、玉ねぎ、ネギ、卵、牛乳、水、コーヒー等
これらのモノたちはほぼ無くなった後かあと一つだけの状態で買い足します。1イン1アウトです。不必要には買い足したりしません。例えばトイレットペーパーやティッシュが安売りしていても家に在庫があれば買う必要はないからです。

ちなみにアメリカでは食べ物やトイレットペーパーなどの生活必需品には税金がかかりません。生きていく上で必要なモノ達ですから当然のことだと思います。日本も10月から消費税が上がるようですが、食品や生活必需品は無税にしないとぎりぎりで生きている人にとっては苦しくなってしまいますよね。物価がこちらより安いよは言え、食べ物に税金かかるってどうなの?と思います。

2.今着ている服や靴が古くなって捨て時だなと思った時、 続きを読む

片づけの心理と魔法

何年も同じ場所で生活していると自然とモノが増えてきて部屋が雑然とした感じになっていました。毎日の生活で着たい服が見つからなかったり、手袋がなかったり、必要なものがすぐ取り出せないことが多々ありました。雑然とした部屋にいると心も落ち着かず何かに集中するのも難しいと感じます。今私の部屋はモノは落ち着く場所へ落ち着きもの探しの時間はほぼなくなりました。そして基本ときめくものだけに囲まれているので毎日が落ち着いてこのブログを書いたりプログラミングの勉強もできます。ここに至るまでの過程と影響をうけた本や映像を紹介します。
KonMariさんの人生がときめく片づけの魔法
モノを時めくか時めかないかで選別して時めくモノだけを残していく片づけの方法は今ではすっかり世界的に有名になって、”KonMari Method Tidying up Spark joy”というワードはNetFlixの影響もあってアメリカ人に多く知られています。片づけのノウハウはいっぱいあるけれど片づけられるマインドを見つけ、片づけられる人になるという心理的な方法を実践したやり方はあまりなかったので最初は皆”時めき”、えっ?となっていたのに、すっかり定着した感じですね。 続きを読む