ほぼ日本人は不安症、その特性をいかすには?

日本人の98%は不安遺伝子を持っている

日本人はS型と呼ばれる遺伝子が多く、心を安定させるホルモンであるセロトニンの量が増えず、不安やストレスに弱くなる傾向にあります。

日本人がそのS型遺伝子を持つ割合は98%!で、ほぼ日本人は全員が不安になりがちだと言って言い訳です。ちなみにアメリカ人は67.7%だそうです。

「WOOPの法則」で有名なガブリエル・エッティンゲン博士によれば、「弱点と強みが表裏一体だと信じれば、弱点を有利に使える」ので、まずは不安のメリットを認識するのが大事です。

逆に言えば、不安に逆らって強がったり、不安をなかったことにしてしまうのはムダと言えます。

続きを読む