快眠にはベッドルームの空気が重要

睡眠の質を上げるためには、色々な方法があって過去にも記事を書いていますが、今回は、室内の空気が快眠に影響を与えるという話です。

ぐっすりと寝るには寝室の空気が大事

ぐっすり眠るには体内の炎症対策が必要で、炎症のレベルが高い人ほどストレスが多くなり、睡眠の質が悪くなってしまいます。

なので、たとえば食物繊維で睡眠の質が改善することが多いのも、一説には体内の炎症が収まるからだと考えられてたりします。
すると「寝室の空気」も炎症に影響を与えるはずなので、快眠における重要ポイントだと考えられます。

寝室の二酸化炭素量を減らしたらどう影響するのか

室内の空気がどれだけ睡眠に影響するのか?を調べた研究論文があります(ソース)。

これはデンマーク工科大学の30人の男女を対象にした実験で、まずは全員を

  1. 換気した部屋で1週間寝てもらう
  2. 換気の悪い部屋で1週間寝てもらう

 という環境にしてもらい、睡眠の質をチェックしました。

ここで研究チームが注目したのは「大気中の二酸化炭素量」で、当然ながら換気した部屋のほうが二酸化炭素の量は減ります。

換気の方法は簡単で、

  • 寝る前にドアか窓を開けておく
  • 専用のファンで換気をする

の2パターンです。

室内の温度はすべて同等にして、二酸化炭素量だけで睡眠の質が変わるかどうかを見たわけですね。

換気しただけで翌日の集中力までアップした

それで、でた結果は、換気をした部屋で寝たグループは、

全員、「さわやかな気分になった」と回答した
睡眠の質も有意に改善した
翌朝の気分も良く、眠気も少なく、集中力もアップした
さらに論理的な思考力テストの成績も良くなった

という感じだったそうです。たんに部屋を換気しただけで、まさに良いことづくめです。

研究チームによれば、

” 客観的に計測した睡眠の質と、主観的な寝室の快適さは、二酸化炭素のレベルが低くなるほど改善した。”

ということで、とにかく寝室の二酸化炭素量を減らすのが大事ですね。

換気ももちろんいいですが、寒い冬にあまり長く開けたくない時など、普段から夜でも酸素を作ってくれる観葉植物、サンセベリアなどを寝室に置いておくと良いと思います。

空気品質モニターなどで自分の部屋の二酸化炭素レベルをチェックしてみるのもありかもしれません。