有害物質を吸って空気清浄するNASAおすすめの観葉食物10選

観葉植物や家庭菜園は心と体に良いという記事は以前書いてきました。

引きこもりのためのバイオフィリア対策

  • 良いアイデアが浮かびやすくなる
  • 疲労・頭痛・肌の乾燥が改善する
  • 病気にかかる確率が減る
  • メンタルヘルスが改善する

などのメリットがあります。

参考になるのが、1989年にNASAが行った「クリーンエア研究」(ソース)です。一部の観葉植物には、ベンゼンやホルムアルデヒドという有機化合物を吸い込む働きがあって、とくに「どの植物の清浄効果がすごいのか?」ということを調べた実験です。

で、NASAが選んだ、お部屋の空気を綺麗にしてくれる植物は以下のとおりです。中にはお花も含まれています。

1.スパティフィラム -Peace lily

耐陰性のある植物で、ベンゼンとトリクロロエチレンの両方を吸収してくれます。

水分を好むので、土が乾いたら水をあげると良いです。

アメリカではよくスーパーでも売られている一般的な植物です。

シュウ酸カルシウムが含まれているので猫や小さい子どもがいると、注意が必要です。

続きを読む

おすすめの観葉植物とお手入れ法

以前記事にしたように室内に観葉植物を置くと
部屋の湿度の調整
空気清浄
健康改善
集中力を高めてくれるなどのメリットがあります。

観葉植物の5つの効果とは?

さらに、お部屋のインテリアとしても観葉植物を置くだけで部屋の雰囲気が一気に上がります。

それで今日はどんな観葉植物をどこに置いたらいいか、その手入れ法を説明します。

お勧めの観葉植物

ポトス

ポトスはサトイモ科の観葉植物で、水耕栽培で簡単に増やせます。また、つる性の観葉植物なので吊るして飾るとおしゃれな雰囲気になります。

よく出回っているのはゴールデンポトスで、黄色と緑が混ざった葉がとてもきれいです。

直射日光を避けた明るい場所に置くとどんどん育ちますが、耐陰性もあるので窓から遠い場所でも環境に対応してくれます。

続きを読む

観葉植物の5つの効果とは?

皆さんはお家に観葉植物置いていますか?

私は長持ちさせるのが得意ではないのですが、2020年の初めころから少しずつ増やしています。

今日は観葉植物の5つの効果について話したいと思います。

呼吸をしやすくしてくれる

ご存じのように観葉植物は光合成をして私たちが呼吸して排出した二酸化炭素で酸素を作ってくれます。

ということで住んでる部屋に観葉植物を置くだけで酸素のレベルが上がるということです。

夜は植物も人間と同様酸素を使って二酸化炭素を出すのですが、サーキュラントやスネークプラントなど夜もこの光合成をして酸素を作り続けてくれる植物もあって、こういう植物をベッドルームに置くと部屋の酸素レベルがさらに上がって、すっきりと睡眠に入りやすくなります。

続きを読む

観葉植物や切り花って効果あるの?

家には13,14の観葉植物と切り花があります。切り花は2週間ごとに替えています。観葉植物と切り花がどんな効果があるかについて説明します。

観葉植物の効用とは?

1.呼吸がしやすい。

2.湿度を上げてくれる。

3.空気を清浄してくれる。

4.健康の改善に効果

5.勉強や作業に集中できる。

6.小さな観葉植物をそろえればお金はかからない。

1.呼吸がしやすい。

植物なので昼間光合成で二酸化炭素を吸って酸素を排出しますよね。

人間にとって植物は全く反対のことをしてくれる訳でお互い効用があります。

夜になると人間のように酸素を使って二酸化炭素を作りますが、蘭の花や、サーキュラントなどの植物は夜も酸素を作ってくれるので寝室に置くのがおすすめです。

2.湿度を上げてくれる。

植物は取り込んだ水分の97%を出してくれるので乾燥した部屋に観葉植物を置くのは部屋の湿度をあげてくれる効用があります。

ノルウェーの農業大学の研究によると、部屋にいくつかの観葉植物をまとめて置くことで乾燥肌やのどの痛みの軽減に効果がでた結果があります。 続きを読む