8分でストレスに強い脳を作るテクニック

自分が体験したネガティブな経験を、感情や思考を包み隠さず書き記す」 という筆記開示という方法はメンタルにいいと多くの実証データがあります。(ソース1ソース2

具体的には「自分の悩みを包み隠さず書いていく」だけで、これを1日20分ずつ数週間ほど続けると幸福度が上がると考えられております。

ネガティブな感情を外に書き出すことで客観性が生まれ、自分のなかに溜め込むよりも対処がしやすくなるようです。

というわけで、かなり手軽で効果の高い方法ですが、2017年に出た論文(ソース)では「たった8分でも大幅にメンタルが改善する!」という結果がでています。

8分だけネガティブな感情を書く

これはミシガン州立大学の実験で、心配性に悩む学生44人を対象にしたものです。

PSWQという定番のテストで61点以上を取った人たちで、心配性レベルはかなり高いです。

で、実験では全体を2つのグループにわけて、

  1. 8分だけ筆記開示
  2. 8分だけ前日に起きたことを書く

という作業をしてもらいました。

筆記開示の方法はシンプルで、たんに自分のネガティブ感情をありのままに書いただけです。

「あいつがムカつく!」とか「自分は最低だ!」みたいなものを思うままに記すようなイメージです。

続きを読む