マウスウォッシュが良い菌を殺し糖尿病リスクがアップ!

2017年に「マウスウォッシュで寿命が縮むかも!」という怖いデータ(ソース)が出ています。

口臭予防、歯肉炎予防でマウスウォッシュを使ってる人も多いでしょうが、マウスウォッシュのせいで糖尿のリスクがあがるという結果がでています。

これはハーバード大学の論文で、太りぎみの男女1206人を対象にした観察研究です。

年齢は40〜65才で、糖尿病や心疾患にはかかってない人だけを対象にしています。

マウスウォッシュで糖尿病リスクが55%増加

この研究は、

  1. 研究のスタート時に、みんなどれだけマウスウォッシュを使ってるかをチェック
  2. 3年後にどうなったかを調べる

という感じです。

これで、マウスウォッシュを使ってる人と使ってない人の違いがわかるわけですね。

結果は、

マウスウォッシュを使わない人にくらべて、マウスウォッシュを1日に2回以上使う人は、糖尿病の発症リスクが55%あがる

ということでした。

この数値は、食事、歯磨きの回数、睡眠の質、処方薬の有無、空腹時血糖値、年収などの要素を調整した後に出たものです。

マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬ

どうしてこんなダメージが出たかというと、「マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬから」です。

研究者によれば、

” 口のなかには大量のバクテリアが住み着いている。

このバクテリアは硝酸塩を亜硝酸塩に代謝する働きを持つ。

口のなかで生まれた亜硝酸塩は消化器官へ送り込まれ、一酸化窒素に変換される。”

とのことです。

一酸化窒素は重要な働きを持つ物質で、代謝をコントロールしたり、血流をアップさせたりなどの働きをしています。

さらに、一酸化窒素は体内のインスリンレベルも調整していて、一酸化窒素のバランスが崩れれば、糖尿病の発症につながるというわけです。

流れは、

  1. マウスウォッシュで口内の良い菌が死ぬ
  2. 口の中で亜硝酸塩が作られなくなる
  3. 体内の一酸化窒素レベルが減少
  4. インスリンの分泌が悪化
  5. 糖尿病が発症

という感じです。

口の健康が大きく影響しているわけですね。

口内細菌は肥満の予防

ちなみに、2017年2月に出た論文(ソース)によれば、「口の中の良い菌は糖尿病や肥満から守ってくれる働きがある」とのことです。

腸内細菌をケアするのは大事なのはもちろん、口内細菌も注意してあげる必要がありそうです。

微生物と上手くやっていこう!

” マウスウォッシュにふくまれる抗菌剤には、良い菌と悪い菌を区別する能力はない。

特定のバクテリアを狙い撃ちするのではなく、口の中の菌を手当たりしだいに殺していく。”

ということで、やはり無闇にマウスウォッシュを使わないほうが良いようですね。

ココナッツオイルでマウスウォッシュをするというのも代替案かもしれません。

ココナッツオイルでマウスウォッシュ

糖尿病を治すには糖質よりも体脂肪を減らすべき!

インスリンの分泌量を気にしてもダイエットには効果がない(ソース)のなら、糖質を減らせば糖尿病に効くという話も怪しいのではないか?という問題です。

この点は実験結果が分かれていて、たとえば短期間の実験(ソース1,ソース2)だと「糖質を減らして効果があった」という結果が出てるのに、2015年に出たもっと厳密な実験(ソース)では支持されていません

糖質量とインスリン抵抗性の関係を調査

そういう状況で1年にわたって糖質の量と糖尿の関係を調べた論文(ソース)が2016年に出ています。

これは245人の女性を対象にした実験で、平均のBMIは33.5ぐらいで、年齢は22〜72才までと幅広く、その多くにインスリン抵抗性(糖尿病はまだ発症していない段階)があります。

インスリン抵抗性とは、肝臓や筋肉などでインスリンがちゃんと働かない状態のことで、この状態が続くと糖尿病につながっていくわけです。

糖質量を10%変えたら1年後には?

実験では、参加者を3つのグループに分け、

  1. 糖質56%グループ:1日に糖質56%、脂肪20%、タンパク質15%を摂る
  2. 糖質45%グループ:1日に糖質45%、脂肪35%、タンパク質20%を摂る
  3. 糖質45%+クルミグループ:1日に糖質45%、脂肪35%、タンパク質20%に加えて42gのクルミを食べる

全員の1日の食事量は、維持カロリーのマイナス500kcalから1000kcalに調整し、さらに毎日60分の軽度なエクササイズをやってもらいました。

ちなみに、3番めのグループにクルミを追加したのは、クルミには全身の炎症を抑える作用があるから(ソース)です。

というのも、近年では「インスリン抵抗性の原因は炎症ではないのか?」という説が優勢のようです。

肥満などのせいで全身に慢性的な炎症が起こり、そのせいでインスリンの効きが悪くなっていき、最後はインスリン抵抗性に進んでいく感じです。

あらゆる不調を引き起こす「慢性炎症」とは?

インスリン抵抗性が改善していた

1年後の結果は、

  • 全グループとも、ほぼ同じぐらい体重が減っていた
  • 中性脂肪やコレステロール値も、みな同じぐらい改善していた
  • インスリン抵抗性も、全グループが30%ほど改善していた(ただしクルミを食べたグループは、ちょっと改善度が大きかった)

ということになっています。

少しだけクルミの効果があったものの、全体的にはみんな同じぐらいの改善がみられたみたいです。

体脂肪を減らすのが大事

この結果から推測できるのは、

  • インスリン抵抗性を改善するには、結局は体脂肪を減らすのが一番重要
  • ダイエットと同時に炎症対策もしておくと、さらに結果が良くなる

ことが言えそうです。

以上のことから、「糖尿病には体脂肪を減らすのが超大事」ということは、他のデータでもかなり確立された事実(ソース)です。

働く時間が週40時間超えると死ぬリスクが高くなる!

働きすぎが体によくないのは当たり前ですが、2015年にロンドン大学から出された2つの論文(ソース1,ソース2)は「具体的にどれだけ働くリスクがあがるのか?」ということを調べています。

ひとつは「労働時間と心疾患リスク」に関する調査で、もうひとつは「労働時間と糖尿病リスク」をチェックしたものです。どちらも一流誌の「ランセット」に載ったメタ分析で、かなり信頼性が高いと言えます。

週の労働時間が55時間を超えると脳卒中リスクが33%あがる!

まず一つ目の論文は、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアから約60万人のデータを集めて、「労働時間と心疾患」の関係を8.5年間ほど追跡したものです。その結果は、

  • 週の労働時間が40時間までなら問題なし!
  • 週の労働時間が41〜48時間になると脳卒中リスクが10%高まる!
  • さらに週の労働時間が55時間を超すと脳卒中リスクが33%、心疾患リスクが13%高まる!

みたいになっています。 仕事のストレスが心疾患によくないのはもちろん、働きすぎな人は酒量が多かったり運動不足の傾向もあるので、そのへんが影響してるようです。

日本の基本労働時間て40時間(一日8時間)なので、ちょっとでも時間外労働したら、すぐに48時間ぐらいいきそうですね。そして41-48時間だと脳卒中のリスクが10%も上がってしまいます。

週の労働時間が55時間を超えると糖尿リスクが30%あがる!

もう一つの論文は、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、日本から約22万人のデータを集めて、「労働時間と糖尿病」の関係を7.6年間ほど追いかけたもの。その結果は、

  • 週の労働時間が33〜40時間までなら問題なし!
  • さらに週の労働時間が55時間を超すと糖尿病リスクが30%高まる!

となっています。

この数値は喫煙や運動量、肥満などの影響を調整しても変わらなかったということです。

こちらも長時間労働のストレスにプラスして、睡眠、リラクゼーションやエクササイズが足りないのが大きいようです。

以上のことから、こちらも週55時間以上の労働は死ぬリスクが30%!という結論でした。

厚労省は週80時間を超える残業を過労死ラインにしてますが、この基準よりもかなり下の段階から死のリスクは高まっていくようです。

大体80時間ってどういう状況でそんな仕事ばかりになるのか想像しにくいですが、死へのリスクは55時間を超えたあたりからかなりやばいということです。